離職期間 (ブランク期間) が長い場合の対策

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

離職期間(ブランク)が3か月、6か月以上ある場合、そのブランクをどう理解してもらえばいいのか?

決してサボっていたわけではなくとも印象はどうしてもマイナスです

かといって諦めてしまっては始まりません

じゃどう対策していけばいいでしょうう?

 

 

〜〜項目〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

☆1、離職期間(ブランク)の理由を整理しておく

☆2、離職期間が長いことが致命的なわけではない

☆3、離職期間 (ブランク) 理由例

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

 

☆1、離職期間(ブランク)の理由を整理しておく

ブランク期間があると、まずその理由を質問されることがほとんどでしょう

その時にしっかり応え、違和感なく納得してもらえるよう理由をまとめておくことが大事だ

つまり慌てることなく、スムーズな理由を答えられるよう準備しておく

嘘でとってつけたような理由で固めることもないが、内容によっては本当のことを晒し切ってしまう必要ももちろんない

違和感なくマイナスにならないような内容を作っておくことも手です

 

 

☆2、離職期間が長いことが致命的なわけではない

離職期間、ブランク期間が長いとそれだけでそこが気になってハンデのように気にしてしまっている方もいますが、それだけが致命的なポイントになるわけではない

なんらかの修正したいことがあったから転職するわけでしょうし、マイナスポイントが全くなく、不安要素もまったくナシっていうわけにも当然いかないはずです

なので、例えば1年以上などのブランクがあったとして、そこをプラスに表現しきるのは無理かもしれなくとも、他の面でカバーできるよう組み立てていくことが大事に思う

見た目の印象、やる気、爽やかさ、明るさ、会話能力、受け答え能力、自分のウリ、アピールポイント、求職内容とのマッチングポイントなど、複合的な評価での印象も大事です

 

ブランク期間が長いことによって、

やる気が薄いのでは?
他でガンガン落とされているのでは?
唐突にに離職してしまい、忍耐力や計画性に欠けるのでは?
何か問題があるのでは?

などの、不安心配に対して和らげるくつ返してあげられる態度受け答えを心がけたい

 

 

☆3、離職期間(ブランク)理由例

事故や病気が原因の場合は、現在はしっかり完治し今は問題ないことを明確に伝える

専門的スキルなどが必要な場合はそれに対して勉強、吸収する時間としてそれにあたっていたことを伝える

しっかり勤められるよう、希望する内容、求められる内容との合致を見つめ直し、慎重に探していたことを伝える

フリーランスで単発の仕事をし、スキルを磨くための時間としていたなどなど

 

トータル的には、

採用側もブランク期間に対して不安に思っていることを理解し、入社したらそれをどう挽回していくのかも加えて伝えられるようにする

 

 

1つ1つ大事に丁寧にチャレンジしていきたいところです

 

では 良い 転機をば!

 

 

◎口コミをチェック
10万件の企業口コミ。
キャリコネ転職サービス

◎関東エリアで20~30代なら
手厚いサポートエージェント
を味方につけたい
マイナビエージェント
手厚いサポートと言われる
転職エージェントの内容を
チェック
参照)
◎本気で転職活
ならここは外せない
大手エージェント
リクルートエージェント
本気で転職活動するために
外せない転職エージェント
参照)
◎非公開求人圧倒的、職務経歴書
・面接サポートも充実の
大手転職サイト,エージェントサービス
doda
(転職サイト・エージェントサービス大手2トップ
の1つであるパワーを
チェック
参照)
⭐︎カテゴリ別転職・転機
スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

eighteen − fourteen =