カメラマンのお仕事について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

先日、友人の甥っ子に、

カメラマンになりたい

カメラマンになるにはどうしたらいいの?って聞かれた…

以前私は写真スタジオに所属していたことがあったので(カメラマンではありません撮ってきたものを編集する方のお仕事でした)聞いてみたくなったのかなと…

リアルな現場でそれを見てきたのも確かなので、ここに書いておこうと思う

 

 

ま、女の転職には向かない気もしますが、女カメラマンでバリバリな方もいましたので……..ね……….

〜〜項目〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

❤︎1、専門学校に行く・カメラマン宣言をする

❤︎2、どんなことが収入源か

❤︎3、専門職であり・サービス業であり・肉体労働である

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

❤︎1、専門学校に行く・カメラマン宣言をする

一般的なのは専門学校などでしっかり基礎を学び事前知識をある程度習得しておくことが望ましい

その方がコネクションができるので、圧倒的に有利

これは絶対です

 

それと、何か資格的なものがいるわけではないので、

私、『カメラマンです』と言えば、もうカメラマンになれます笑

 

つまり、大きなクライアントをもぎ取る営業力というかコネクションを持っていればカメラマンになるだけならなれる

 

はっっきり言って、入ってくるギャラも決して安くはないでしょう

そして、実際、これでプロのカメラマン!?って低レベルの

自称カメラマンも無数に居ます

 

 

そんな中で何が大事かと言いますと、

やっぱり基礎と適応能力です

 

過酷な現場でも、適正で撮れること その能力が必要です

かなりの現場処理能力が必要になってきます

 

なので、一線のカメラの機能・操作・光源の知識などはプロになりたいなら、

当然、絶対必要です

でも、スマホが実際の仕事で使えないかというと、内容によっては全く問題なく使えます笑

それも現実です笑

 

もっと言えば高機能のカメラを扱えるからプロのカメラマンとして有能で儲かるかというとゼンゼンそうではない笑

 

つまり、基礎的なスキルをしっかり持った上で、それとは関係ない部分、
営業能力・コミュニケーション能力・撮ったものをお金にする能力のような、トータル的な能力が必要になってきます

 

 

なので、撮影の基礎能力・現場処理能力・後処理能力・コミュニケーション能力

を磨きまくることが、カメラマンになるためには必要です

 

で、一番重要なのは、コミュニケーション能力・話術的な、顧客や取引先を巻き込む能力が重要に感じました

専門職ですが、以外と職人系無口体質の方は、素晴らしい写真を撮れても成功しづらいです

 

 

 

❤︎2、どんなことが収入源か

無数にありますが、

主に、

============
婚礼アルバム・食材やグルメ系の撮影・記念写真やアーティスト等のスタジオ撮影・学校行事記録撮影や卒業アルバム・その他取材の撮影・商品や建物などの撮影などなどでしょう
=================

そしてそれらにまつわる、代写業務もあります

入学式などの撮影日はどこの学校も同じようなかぶる日です

そうすると同じ日に複数のカメラマンが必要になりますから………

 

 

 

❤︎3、専門職であり・サービス業であり・肉体労働である

で、撮影代金は決して安くありません

ただ、

向き不向きが本当に激しくある

 

他者とコミュニケーションをとるのが苦手、初対面の人とコミュニケーションをとるのが苦手、人と関わるのが苦手な人、あと、体力がない人には向かない職業だと言えそうです

 

カメラでガンガン使える風景写真を撮れたとしても、高い単価で契約できる話術・コミュニケーション能力が必要なのと、

辛抱強く動き回ったり被写体を追いかける、その一瞬を逃さないための体力が必要です

 

当然撮影日は休めませんし、

撮影で休みがまったく取れない場合も多々あります

 

そして学校関係であれば特に時間や日程の間違いは絶対に許されませんし、

その中で要点をしっかりキャッチできるようコミュニケーションをとりつつ、移り変わる現場の中で撮影し続けなければならない

 

芸術的な素晴らしい写真を撮るより、プロの現場ではそういったことが必要だったりします

 

 

ま、それも狭い世界の固定概念に過ぎないかもしれないことも確かですが…

 

それでもやりたいと思う人がなれるんだと思います

 

以上、現場からでした笑

 

では良い転機をば!

 

 

◎口コミをチェック
10万件の企業口コミ。
キャリコネ転職サービス

◎関東エリアで20~30代なら
手厚いサポートエージェント
を味方につけたい
マイナビエージェント
手厚いサポートと言われる
転職エージェントの内容を
チェック
参照)
◎本気で転職活
ならここは外せない
大手エージェント
リクルートエージェント
本気で転職活動するために
外せない転職エージェント
参照)
◎非公開求人圧倒的、職務経歴書
・面接サポートも充実の
大手転職サイト,エージェントサービス
doda
(転職サイト・エージェントサービス大手2トップ
の1つであるパワーを
チェック
参照)
⭐︎カテゴリ別転職・転機
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

5 + sixteen =