脱社畜の思考

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 

辞めたいのは甘えてるってこと?

ガマンするのは当たり前なこと?

協調性を乱す事はわがままな事?

働く事は苦しい事?

お金を得ることは厳しいこと?

頑張ること努力することは素晴らしいこと?

 

 

ほんとにそうでしょうか?

これについて私は……正直かなりうなずけない

とにかく

可能性や、希望を捨てないで無様でカッコ悪く諦めも悪いんだって観念したい

ガマンして絶望に浸ってしまうのはもったいない

 

〜項目〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

☆1、辞める、退くことは自立への一歩でもあること

☆2、ガマンすることは選択すること

☆3、協調性を乱すことは意志を磨くこと

☆4、働くことは素晴らしいこと

☆5、お金を得る事は嬉しいこと

☆6、頑張ること、努力することは内部事情

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

 

☆1、辞める、退くことは自立への一歩でもあること

辞めたいのは甘えもあるのかもしれない

単にそれが辞めて終れるならそうなのかもしれない

でも 仕事の場合は………..

 

辞めて終われないでしょう?

逃げだとしても 所詮、逃げ切れない

やがては立たなければならない

次に進むためには相当なエネルギーが必要で

消耗する 面倒くさい笑 疲れる笑

 

辞めるってことはそれでも回避したい、変えたいと、その重さを乗り越えていくことで、

それこそが自分でなんとかしようとする精神の自立へ繋がって行く事だと想う

 

もっと言えば 甘えだとしても 逃げだとしても いずれ動かなければならないということで、

そこに停滞して動かないよりは変化して進化出来る可能性を当然秘めている………

 

これらは、辞められないことを観念しての

 “攻めの辞めない” もあることは知っているつもりで言ってます…

“観念すること”  も、生き方の1つとして、とても必要な力だと想う

 

ただ、最後まであがくこと、変えたいならより良く変えることをあきらめないこと

可能性や、希望を捨てないこと、絶望に浸らないこと

そういったものを持っている人も私は好きだ

 

“諦める力”  はやはり必要だ でも ”諦めない力”  もやっぱり必要だ

諦めないことってそれは無様でカッコ悪く、ゼンゼンクールじゃない

 

だから無様でカッコ悪いことを観念すればいいよね と想う笑

可能性や、希望を捨てないで無様でカッコ悪く諦めも悪いんだって諦めればいいよね?笑

つまりはやっぱりそれは覚悟、観念だよね?

 

求め続けること、進化し続ける事を覚悟、観念するってこと…..

現状維持してれば大きな失敗はもしかするとないのかもしれない

 

でも、時には踏み外してでも飛び出さないと始まらないことが当然あって

踏み外すことによって 裏道が見え始めてきたりする

1つ言える事は

 

飛び出さないとその裏道は見えてこない

 

 

☆2、ガマンすることは選択すること

ガマンは当たり前で、しなければならないことでしょうか?

もちろんガマンが必要なシーンもあるですよね、それはわかります

 

でもガマンするのが当然のことかというと、うなずけない

どちらかと言うとガマンは自分の意志で受け入れてしまうものに感じます

 

絶対に逃れられないことを受け入れざる得ないシーンもあるですよね

でもそれは “当然” ではなく、仕方なくの選択です

 

そしていずれ “回避” を選択しようとするのかもしれない

ガマン出来ないからこそ打破しようとするだろうし特に働く上では ガマンは当たり前のことではない思う

 

どうでしょう?

 “回避” を諦めてませんか? 忘れてませんか?

イヤなことや苦しいことから全力で逃げ切れる力は、致命傷を回避するための基礎パワーではないでしょうか?

 

 

☆3、協調性を乱すことは意志を磨くこと

協調性は大事だとは想う

でも “協調性は大事” という常識のせいにして自分の意志で動くことを曖昧にしてませんか

協調性を乱すことは “勝手” になりうる部分もあるけれど自己責任で動くということでもある

 

溶け込んで自分の意志の節約をキメルというのもありだともすごく想うし、

足並みを揃えることも出来るってことは確かに大切に想う

 

ただ、

意志のズレは直さなければならないときもあると想うのです

他人とのズレを受け入れることは自分を受け入れる事、磨くことだ

 

 

☆4、働くことは素晴らしいこと

働く事は苦しいこと?

かもしれない…………………

 

でも、

本来働く事って 動物的で 人間的で 生きて行く根源的な部分でもあると想うのです

 

どんな生物にもしなければならないことがあり、それらをすることによって生きていて

そして人間は働く事によって進化して発展して進歩してより深く複雑になって更にまた

“生きるために働く”

という単純なところに帰ってきてまた回ってくという

 

なんというか 生きるものの ルーツ的な展開 な気がするんです

 

なのでそれはもしかすると喜びに溢れたものではないのかもしれませんが

“素晴らしいもの” ではあるかもしれないと、薄々感じてはいる

奥深くて複雑で、そして単純 といいますか

これがあるから進化していくのではないでしょうか?

 

最終的に進化は破滅を招くのかもしれませんが

生きている以上進化しないではいられないのが生物です笑

そして進化、変化していくことは 単純に面白いです

 

これってやはり素晴らしいことに感じます

変わりゆく事は、老化も含めて面白いことだと想う

 

働くために存在するのではなく、存在するため、生きるために働くってこと

 

 

☆5、お金を得る事は嬉しいこと

お金を得る事は厳しいことでしょうか?

私には お金を得ることは 嬉しい事です笑

 

少しでも豊かに、ゆとりを持って楽しく過ごすためにお金が欲しいです

そのために試行錯誤します

なのでそれを得られる事はある種の実りです

 

確かにお金を得る事は簡単ではないけれども

単純に実り、収穫は喜びたい

 

お金を得ることは 嬉しいことです

 

 

☆6、頑張ること、努力することは内部事情

頑張る事や努力することソレ自体は素晴らしいことでしょうか?

そこは外部にはどうでも良い部分、関係ない部分です

 

頑張る事や努力することは自分自身にはやりきった経験としてかけがえのない財産になるかもしれませんが

他人や環境には関係ない 関係あるのは結果だけだ

1で100が出来ようが  300で100が出来ようが 単なる 100  だ

 

だったらきっと 1で100の方が地球に優しく、

つまり頑張らないで 100 が出来るのに越したことはない

300やった事自体が素晴らしいわけではない ま、面白いけれど笑

 

それらが肉になるのは自分自身だけ

つまり内部事情、自分内部留保経験ってことですねぃw

 

 

脱社畜の思考は ある日ふと

現状があほらしくて仕方なくなったりして

なんだか目の前の過酷で苦痛な日々にシラケて興醒めしたりして

スイッチしたりする……….

 

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

7 − four =