ブラック企業の社畜という現状に悩んでいる方へ、その脱出計画について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

“ブラック企業の社畜”  という現状は本当に苦しいです

そしてその終わりのないような苦しさの中で悩み、意志や心を失いそうになっている方もたくさんいると思う

確かにそのブラック度合いにもよるかもしれませんが、悪質なブラック会社の場合、そこで我慢できるのはもう時間の問題ではないでしょうか?

もう対策を練って計画してそこから出られる行動を実行してしまった方が良くないですか?

潮時なはずです……………

今回はその対策・計画・実行についてです….

 

 

〜〜項目〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

☆1、まずはクールに現状を知る(知っっておくべきことを知る)

*1-1、どの程度のブラック具合かを知る
*1-2、自分がすぐ転職出来る可能性はどのくらいかを知る
*1-3、必要な手続き、やっておくべきことを知る
*1-4、自己分析をしっかりやって自分を知る

☆2、やるべきことを知って計画し、すぐに行動する

*2-1、現状を変えるためのやるべきことを計画する
*2-2、周りや家族にも協力してもらう勇気を持つ
*2-3、とにかく実行する

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

☆1、まずはクールに現状を知る(知っっておくべきことを知る)

*1-1、どの程度のブラック具合かを知る

まずはどの程度のブラック具合なのかを把握しておく

その度合いは様々で、どうしたらいいかな?なんて悠長な事言ってられない場合もある

まずは法的な知識を得るために、“労基法”  ではどうなの?ってとこをある程度知っておいた方がいい

プラス、無料弁護士相談などを活用するなりして、プロの見解知識知恵を借りましょう

 

もちろん相談したからって助けてもらえるわけではありません

多分、相談するだけじゃ誰も助けてはくれないでしょうし解決なんて全くしない

 

単に自分がその先、最短でそこから脱出するための知恵を吸収するわけです

先々色々判断できないようなこともあったりするでしょう

その時の判断基準の助けになるための知恵を蓄えておくための相談です

 

そして、そういった判断はタイミング、置かれている環境、時代などによっても変わってきたりします

なので、リアルタイムで実際足を運んで自分で確認しておくことが望ましい

 

ブラック企業のジャッジ的なことはこちらの内容も参照ください

▷(ブラック企業の定義とは? 〜抜け出すための手がかり>ブラック企業とは?)

▷(過重労働じゃない?ブラック企業?そう思ったらやるべきこと>労基法ではどうなってるの?就業規則って?違反されてる場合どう対処すべきか?)

 

まずは度合いを知ること、現状を知ることです

そこから対策を練っていきます

 

*1-2、自分がすぐ転職出来る可能性はどのくらいかを知る

さらに自分の現地点の可能性を把握します

もしかすると全く我慢する必要もないくらい他に行き先があるかもしれません

その場ですぐわかる転職力診断 @type
MIIDAS(ミーダス)

などで適性診断をし、自分の価値を知り、転職のタイミングをチェックしておくことも必須

無料なのでまずは自分の現状をチェックして適性を把握しておきましょう

 

他にも色々適正判断ができたり、自分の市場価値を確認することができる無料サービスは無数にありますので、チェックしてみてください

 

この診断はもちろん全て正しく絶対的ではもちろんない

あくまでも参考にするためです

そして求職状況の把握にもこういったサービスの活用は大切です

まずは一般的・表面的な現状を知っておきたい

*1-3、必要な手続き、やっておくべきことを知る

上記の現状を把握したら、今度は脱社畜、脱ブラック企業のために必要な手続き&やるべきことを把握する

まずは

1.根元であるブラック会社の就業規則の把握

2.社会保険や税金等・雇用保険(失業保険)の手続きについての把握

3.退職前&退職後の必要手続きについて把握しておく

4.辞めた場合の最低必要生活費の把握
健康保険や税金等は何もしなくとも買わなくとも結構ダメージが大きいのでしっかり把握する)

1~4までは下記を参照ください
▷(会社辞めたいと思ったら真っ先に知るべきポイント11)
▷(退職後の手続き)

 

5.どのように転職活動するのかを把握する
▷(転職サイトと転職エージェントの違いを知って活用する)
▷(転職エージェントとの関わりかた)
▷(働きながら転職活動するときの注意点)など参照

等サイトカテゴリ、▷(転職活動の注意点)なども参照ください

 

 

*1-4、自己分析をしっかりやって自分を知る

そして具体的に自分自身が活動するための核を固めておく

上記の
その場ですぐわかる転職力診断 @type
MIIDAS(ミーダス)

でチェックも必須なんですが、その上で自己分析することが重要です

これからどのように収入を得て、どんな生活してくのか、していきたいのかを知ること、その中から選択の優先順位最低必須条件自分自身が先に把握しておかないと迷うし、適切な判断力を失います

先に判断基準、行動の内容を決めておいてから行動していく方が圧倒的にスピーディに進めます

▷(転職で迷わないためにしておくこと)
▷(30代・40代の転職は徹底した自己分析が突破口)

 

 

☆2、やるべきことを知って計画し、すぐに行動する

*2-1、現状を変えるためのやるべきことを計画する

上記までを把握したら、次は具体的にどのようにした活動が効果的かをしっかり考える

もう自分がすべきことは見えてくると思いますが、

働き続けながら活動することがまずは望ましいけれどその中で、ブラック企業にいつづけながらの活動は現実的に非常に厳しいという壁も見えてきます

その対策を具体的に練っていきます

 

活用サイト、サポート、エージェントの登録、

活動進行状況の目安、期間や数、可能性の絶対数を上げるための対策などなど,,,,,

 

忙しい中では実際活動を始める前のこの計画・対策を思考することがまずは1つめの壁かもしれない

でも、対策をしっかり練ってしまえばあとは機械的にやるべきことをこなしていくのみです

踏ん張りどころです

全ては、良い方角への転機に向かっています

▷(働きながら転職活動するときの注意点)
▷(効率を上げるにはやることを先に決めておくことがキモ)

 

それと、転職成功へ向かっての思考として、まずは稼がなきゃって思考もわかりますが、“キャリアを積む” という意識もとても大事だったりする

対策として着地を焦らないことは必要です
最終到達点をしっかり見て、段階を踏んでいく意識、統一感のある、目的意識のあるキャリアの積み方をしていく方が、目先の収益を重視するより、結果的には実っていく

その場その場で凌いでも後が続かない行き当たりばったりのキャリアにしてしまうのはもったいないです
その辺りも軽く意識に入れておいた方がいい

▷(”今すぐお金”その働き方は掛け捨て?積み立て?あーたはどっち?)
▷(アルバイト・パート・契約社員から成り上がる)なども参照

 

*2-2、周りや家族にも協力してもらう勇気を持つ

そしてやはり、一人で戦うのはキツイです

誰かにしっかり助けを求める勇気覚悟を持った方がいい

それは甘えではなく、“覚悟” です

情けなさや ちっさいプライド に負けないでください

 

人は一人では生きられません

万が一の危機が来てしまったら、大きな声でしっかりS.O.Sを出しましょう

その覚悟、勇気を持てれば、誰か一人くらいは助けてくれる人がきっとどこかにいます

 

危機の場合、危機です

助けてほしい場合、助けてください

意思表示することが大切です

 

家族には当然理解と協力をしてもらえなければ無理です

それをわかってもらえる努力はしたい

これは絶対です

 

*2-3、とにかく実行する

あとはとにかく諦めずに実行あるのみです

可能性の絶対数を上げるには諦めずに立ち上がり続けることが必要

必ず好転するタイミングはある

▷(ブラック企業からの転職・転機に必要な核)

▷(ブラック企業の社畜をスムーズに脱するための手がかり)

なども参照ください

 

思考的には下記のページも参照ください

▷(40代女性で会社辞めていいかどうか悩んでいる方へ)

▷(30代女性で会社辞めていいかどうか悩んでいる方へ)

▷(20代女性で会社を辞めていいかどうか悩んでいる方へ)

 

では 良い転機あれ!!!

◎口コミをチェック
10万件の企業口コミ。
キャリコネ転職サービス

◎関東エリアで20~30代なら
手厚いサポートエージェント
を味方につけたい
マイナビエージェント
手厚いサポートと言われる
転職エージェントの内容を
チェック
参照)
◎本気で転職活
ならここは外せない
大手エージェント
リクルートエージェント
本気で転職活動するために
外せない転職エージェント
参照)
◎非公開求人圧倒的、職務経歴書
・面接サポートも充実の
大手転職サイト,エージェントサービス
doda
(転職サイト・エージェントサービス大手2トップ
の1つであるパワーを
チェック
参照)
⭐︎カテゴリ別転職・転機
スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

twelve − two =