誰と関わるのかで人生は変わる件について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

一人で生きていると思っている人でも、全く誰とも関わらないで生きてなんていない

生きている以上、誰かと何らかの関わりがあるし、つまり人間はたった一人でなんて存在することはできない

人間というか、生物はみんなそうだ

絶対的な生物なんて存在しない

みんな相対的なバランスで生きている

 

 

 

人間関係

 

 

“人間関係”   “誰と時間を過ごすのか”   で  “人生は大きく変わる”

誰にも影響を受けない 誰にも左右されない絶対的な生物なんてこの世には存在しない

 

こう言い切るとなんらかの反論や、大袈裟すぎる言い方だ などが聞こえてきそうですが

これはまぎれもない現実なので、自覚が足りない人は自覚した方がいい

 

比較的影響を受けづらい方はもちろんいるでしょうけれど、全く影響を受けないどころかかなりの影響、好エネルギー、ダメージ、を必ず受けている

 

で、私たち大人は、その環境を調整できる

つまり、選べる

 

人間関係を選び、自分の宇宙を自分が呼吸しやすいように構築していける

 

 

私は以前、生活のために時間のほとんどをブラック企業に吸い取られていた時期がある

王様と奴隷 だった

 

会話できるどころか 質問や確認すらままならない状況だった

 

そんな中で良い仕事どころかまともな仕事なんてできるわけがないんです

 

そしてそんな環境が自分の宇宙だとしたらどうですか?

強烈な主従関係で人生の大半の時間を消費されていくのです

時間のほとんどが『自分を押さえつけて自分自身を破壊することに満ちていた』

 

この環境で良いはずないと思いませんか?笑

 

そんな状況で過さなければならないのは誰のせいでもなく、自分のせいです

 

自分がその環境を拒否しないせいです

自分がよしとする環境を選択しないからです

 

私はそれに気付き、拒否しました

 

おかげで大切に思う時間・環境・人間関係を重視した生き方ができるようになった

 

それはそれを選択したからです

 

 

関わる人間、時を共に過ごす人間は、大人になれば選べるんです

ただ、自分の人生に登場する全ての人物を選択なんてできない

それは無理だしそんなことする体力もない笑

 

主に関わるレギュラー陣はプロデューサーである “わたし” が選択しましょうってことです

 

 

子供は自分で選択できる宇宙が大人より圧倒的に狭い

そこが辛いところだ

だから大人になったらしっかり思う存分好きな人間を引く力、出会える力を使うべきだ

それは何かというと

NOだと思う人間から離れること、YESだと思える人に近づくこと

つまり、人間関係を大事にする、大切にすることだと思う

 

周りをしっかり見て欲しい

あなたの周りの人間はどうですか?

あなたの物語のレギュラーたちはどんな方たちですか?

 

一定の狭い世界で私の周りにはまともな人間的交流がなかった時期がある

私自身が  “生きるために死んでいた”、人間じゃなかったからだ

類は友を呼ぶ

自分の周りを知れば 自分を知れる

周りは自分を映し出す鏡だ

 

自分がよしとする人間ってどんな人?

自分の宇宙のレギュラーにしたい人ってどんな人?

その人たちに出会うための一番確実な方法は、

自分がその人に近い人間になるのが一番手っ取り早い

そうすると同じエネルギーを発してる人に出会いやすくなる

 

 

自分自身が自分をよしとできる生き方をすることが一番最強の引力だ

それと、

NOと思うものを 拒否する勇気を持つこと

 

 

私は

希望を自分から見い出せる人

他人の痛みを想像しようとできる人

大事な人を大事にできる人

自分自身を受け入れられる人

遊び心を持てる人

本気で遊べる人

 

が好きだ

 

こう書いてしまうととんでもなく素晴らしい人みたいですね笑

 

でも、単純に言えば、現状を受け入れられてそれでも楽しもうとする人が好き

ということです

 

だからそうゆう人間になりたいと思っている

 

結構ピュアですね?笑

 

 

そうやって好きな人たち、尊敬できる人たちとの時間を多く確保できるようになると、心は圧倒的に豊かになっていく

そしてたとえば仕事をするとき、大っ嫌いでカスだと思っている人とやる結果と、そうじゃない人とやる結果は当然全く変わってくる

全てのことを我慢せずに生きることは不可能ですが、我慢しているだけでは当然改善されない

 

改善されるようアクションを起こさない限り好転できる可能性は上がらない

 

たとえば

会社でどうにも耐え難い人間が直属の上司だった場合、そして、その人と共に過ごす時間が人生の大半を占める場合、

あなたの人生は、あなたとして、あなたはそれでいのか?

そこで我慢している人間でよしとするのか?

を問う必要があるように思う

 

そこでそんな自分はヤダ、そんな人間はヤダと思うのか、

そこで我慢して守るべきものを守る自分でありたいと思うのか、

 

そこが鍵だと思う

 

それはどっちが正解とかいう問題ではない

私たちの宇宙の作り方の違いであって

あなたの作り方はどうなの?てことだ

 

それを意識して選択したんだということが大事だ

 

では良い 選択をば!

 

 

これ進められてみましたが面白かった
めぐりあい、出会いで変わるストーリーw

最強のふたり (字幕版)¥300

 

ブラック企業からの転職・転機に必要な核

転職サポート活用の際は切り口を意識する

 

◎口コミをチェック
10万件の企業口コミ。
キャリコネ転職サービス

◎関東エリアで20~30代なら
手厚いサポートエージェント
を味方につけたい
マイナビエージェント
手厚いサポートと言われる
転職エージェントの内容を
チェック
参照)
◎本気で転職活
ならここは外せない
大手エージェント
リクルートエージェント
本気で転職活動するために
外せない転職エージェント
参照)
◎非公開求人圧倒的、職務経歴書
・面接サポートも充実の
大手転職サイト,エージェントサービス
doda
(転職サイト・エージェントサービス大手2トップ
の1つであるパワーを
チェック
参照)
⭐︎カテゴリ別転職・転機
スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

20 − ten =