警備員の仕事内容・適性・オススメサポート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

警備の仕事というと女には向かないイメージがあるかもしれませんが、女性に適している業務内容は沢山あり、需要は高まっている

さて、どんなでしょうう?

 

 

 

警備員ジョブ

 

〜〜項目〜〜〜〜〜〜〜〜〜

☆1、警備員の様々な仕事の種類

☆2、必要スキル・資格

☆3、適性と年収について

☆4、オススメサポート

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

 

☆1、警備員の様々な仕事の種類

*代1号警備<施設警備>

デパート・スーパー・駐車場・住宅・ビル・などを警備する業務で、出入りの管理警備、巡回警備、監視業務、盗難や事故などの防止する警備業務

 

*代2号警備<交通誘導警備・雑路警備>

工事現場、駐車場などの出入りする車、歩行者の誘導、通行誘導の警備業務、お祭り、競技、入退場整備などの業務

 

*代3号警備<輸送警備>

現金、貴金属、美術品など貴重品等運搬の際、それらを守り盗難事故などを防止する警備業務

 

*代4号警備<身辺警備>

ボディガードの警備業務です。依頼者の命、財産等の身辺をガードする警備業務

 

 

☆2、必要スキル・資格

警備には前もっての資格が特に必要なわけではないが、警備会社の採用試験に合格して研修を受ければ業務に就けます

ですが、一定人数に有資格者を1人は配置しなければならない現場が多く、有資格者は重宝される

それら検定資格は複数ある

国家資格:警備員指導教育責任者・機会警備業務管理者・警備業務検定

業務検定:施設警備業務検定・交通誘導警備業務検定・雑路警備業務検定・貴重品運搬警備業務検定・核燃料輸送警備業務検定・空港保安警備業務検定

などなど………….

 

 

☆3、適正と年収について

*適性について

上記のように代3号、4号警備は女性には向かないと言えそうですが、代1号、2号警備では女性が活躍している姿を普通に見ますよね

駐車場の誘導、店舗の監視警備などは特に企業から女性の需要が高まってきている

女性の方が相手にスキを作る女性の対応の方が耳を傾けられやすい身体チェックなども女性でなければ女性の検査をできないなど、女性が何人かでも絶対必要な警備もあります

ただ、体力的にはやはりややハードです

デスクワークより身体を動かすことが好きで、活発・アクティブな方に向いていると言えましょう

集中力や体力に自信がない人は向かないでしょう

 

*年収について

これはかなり差があるようで、アルバイトとして続けている方も多く、”時給” で働く方がかなり多い

その場合時給としてはやや高めですが、労働時間を多めにして月収を確保しているのが現状のようです

年収は220~300万前後でかなりの振り幅があるようです

 

 

☆4、オススメサポート

*関東エリア女の転職に必須エージェント
マイナビエージェント

フリーワード 警備の検索求人数 10件プラス、非公開求人数 228 (2016.01.23.現在)

・希望とする業種に沿った面接対策、応募した1社ごとに合わせた面接対策など力強く、丁寧な転職サポート

・女性のための人材紹介サービス(Woman Will)もあり、女性にしかわからないキャリアや転職の悩みに対応してるれるなど頼もしく、活動の強みとなってくれます

・関東エリアに強い(東京・神奈川・埼玉・千葉)

1社ごとに対策できることは重要で、迷いを最小にして活動しやすくなる

・マイナビエージェントの詳しくはこちらも参照下さい
▷(手厚いサポートと言われる転職エージェントの内容をチェック)

・公式サイト無料登録はこちら▷マイナビエージェント

 

 

*活用必須な大手エージェント
リクルートエージェント

フリーワード警備の検索求人数 40件プラス、非公開求人多数(2016.01.23.現在)

・転職成功実績No.1。リクルートグループならではの業界トップクラス求人数で、約30万人を転職に導いた実績がある。

・全国エリア

リクルートエージェントの実績、経験、知識に基づくサポート、アドバイスをもらいながら活動出来る

・リクルートエージェントのさらに詳しくはこちらにまとめました
▷(本気で転職活動するために外せない転職エージェントも参照ください)

・公式サイト無料登録はこちら▷リクルートエージェント

 

 

求人検索エンジンindeed

キーワード “警備” 求人検索数 31,229件(2016.01.23.現在)

 

 

求人数に差がありますが、例えば求人数が少なくとも、それはしっかり人材を重視している企業が集まっている可能性も高い(企業がリクルートなどに登録するにはお金がかかってます)

逆にハ◎ワ系ですと、企業のコスト負担が軽く済む、もしくはかからない、助成金がもらえる?などで、宣伝しやすく、数が多くなります

よって活用する側としては、どちらにもメリット、デメリットがある

求人がないんじゃどうしようもないけれど、数が多くてもブラックに当たる確率も上がるってことです

いつも常に求人に載っている初心者未経験者歓迎で高額収入などは注意が必要です

 

indeedはネット上の公開求人を束ねた検索窓口なので圧倒的に多くなるのは当然です

なので表面トータルの情報を知るにはかなり便利

逆に、コアで良質な情報、非公開情報などは求人サイト、エージェントを活用した方が得られます

ですが当然優先してもらえるための壁はやや高くなります

なのでバランス良く両方活用し分けるのがよい

 

しっかり吟味すべき

 

10万件の企業口コミ。キャリコネ転職サービス等での口コミチェックやエージェントで個別の情報を提供してもらいましょう

また、とにかくなんでも応募して面接までの練習をさせてもらうつもりでガンガンいくのもありかなと………….

 

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

four × two =