経営者のパワハラによるブラック会社に労働者の未来はない

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 

どう考えても

サービス残業、過労死上等でやらなければ成り立たない過酷な状況はソレ自体に問題がある

それはきっと根深く容易く解決できるソレではないのでしょうとは想う

ただ、

もっと重傷な問題であってもう問題外じゃない?って想えるほど

人間的に問題のある経営者が野放しになっていることに労働者は警戒が必要に思う

 

 

 

〜項目〜〜〜〜〜〜〜〜〜

☆1、『サービス残業は出来ません』と意識する

☆2、経営者のパワハラが原因なら未来はない

☆3、労基法自体が助けてくれるわけではない

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

 

☆1、『サービス残業は出来ません』と意識する

そもそも残業は残業しないで済むようにしましょうという全体的な、会社規模での意識がないとなかなか難しいのかもしれない

 

何故残業するハメになるかってと、

会社側の責任の場合

仕事の割り振りが偏り過ぎていて一定の人にばかり負担がかかる

人件費削減し過ぎて回らなすぎて笑えてくるレベルの少人数形態&利益がカスの膨大雑務

経営者・会社のトップが現場の仕事量を理解してない・1つの仕事に対してどのくらいの労力ではけられるか理解していない

経営者・会社のトップが投資すべきポイントを間違えている

経営者が自分の利益だけしか考えられない

 

労働者側の責任の場合

時間内に終らせようとする意識が低い

残業して頑張っていることがスバラシイことだと思っている

ダラダラさぼって効率が悪い

能力が極端に低い

 

といった感じでしょう

 

“残業” というものに対する意識があったり、疑問を持っていたり、悩まされている方などは上記の内容は一度は考えてみた事があるかと思います

 

1つ言える事は

労働者側も経営者側も、残業になると “損である” ってことです

残業して頑張ることが美徳と考えてる人だって、誰も残業せずに時間内で回して行く事が出来ればそれはそれで不満はないはずです

その分、時間を有効に使えるのですから….

会社側だって同じ量の仕事をはけさせるのであれば光熱費やイメージ的な問題もあって残業させない方が断然いいでしょう

 

問題は、もっともっと回せ、ブン回して利益を底上げしろ!と会社側から望まれてしまうことです

会社は利益を上げるためにどんどん仕事をもぎとってこようと当然しますよね

そして仕事を膨大に増やせたとしても、人員は変わらないままであるってこと

または利益を増やすため、維持するために人件費を削減してしまうってことでしょう

これらのことはある程度仕方ないことだということは私でも理解できますよ笑

 

んが、

経営者・会社のトップが現場の仕事量を理解してない・1つの仕事に対してどのくらいの労力ではけられるか理解していない

この状態でゴリ押しされたら労働者は潰れますよってこと

というかですね、

当然現場の細部の仕事は理解できないはずなんですよ

どのくらいの労力でできるかなんて経験しないでわかるはずないんですよ

もしくは複数の前例がしっかりとなければわかるはずない

そんななかで

1人ではけてもらわないと困る、とか、出来るはずだ

なんて妄想で進められてはうまくいくはずありませんってことです

 

 

なので

現場の仕事量を理解してる人間がどのくらいの時間とどのくらいの労力が必要かそれらを細分化して明確な数値を理解した上で

あと何人必要で、もしくは何を導入して、どうすればこんなに効率がよくなって潤って回っていけますよ

という確かな提示を上に出来るか が重要になってくる

『現場のことは現場しかわからないから現場の人間が内部をプロデュースしていかなければ変えられないよ』

ってフリーの人にアドバイスをもらったことがある

正にその通り

 

まあ、あえて言うとそれが通ってうまく回っていけるなら苦労はしないし、それが出来れば出来たで会社側は間違いなくもっともっとってなり、辛い現状のいたちごっこになるのが目に見えます

そして個人がしっかり内部構造をプロデュース出来る人材なら、もはやそこにいる必要はなくなるわけです

はい、もうそれがしっかりできてしまえるってことは独立してしまえるレベルであるってことです笑

逆にそこまでいっていなければ、経営者、トップを飲み込んで納得させることは出来ないです

 

つまりこの問題の根源はやはり経営者、トップであって、経営者、トップが “おたんこなすび” だともう改善は厳しいってことです

経営者・トップが人格的問題者であれば

そのために圧力をかけて脅してきたり、イヤがらせや意地悪などで言いなりにさせようとしてくるかもしれません

こうなってくると

まあ、諦めるしかないってことですよね笑

諦めて次のステップを考えた方がよっぽどいいというか自然な流れだと思う

 

なので労働者に出来ることは次の計画をたてながら自分のスキル、プロデュース能力を磨き、貴方の言っていることは

“ムリです”  “現実を知って下さい” と拒否するしかないという結果になります

ブラックな会社や人は、拒絶を怠るとどんどん一線を害してきます

そんな会社に長くいたってお先真っ暗なのは視野を広げて見れば見えてくる

その会社をいずれ捨てる覚悟はあれば  “拒絶は出来るはずです”

もしくはそこに残らなければならないのであれば尚更線引き、長く付き合っていくための壁、距離を作っておく努力は必要です

 

覚悟なしに良い方角へ何かを変えたり転換していくことは期待出来ない

 

 

これらをクールに受け止め、

まず、ービス残業は出来ません”

っていう線引きを出来るよう勇気をもってやってみて下さい

“サービス残業はもう出来ない” と自分の胸に刻んでみて下さい

長くそこに残らなければならない可能性が高いのであれば尚更このスタンスを定着させる努力が必要です

キッカケがないと厳しいのであれば新規サイクルの仕事の割り振り時や、病院に行って休んでみるとこからなどが始めやすいかもしれない

そのかわり自分が受けた仕事、自分の範囲内の仕事は時間内に責任をもってハケられる努力や工夫が必要ですけれど….

 

 

 

☆2、経営者のパワハラが原因なら未来はない

 

多分、経営者にほんの少しでも理解出来る、相談出来るまともさがあれば、過酷な残業でもなんとかなる部分ってあると想うのですが…

 

でも、経営者自体・トップに人間的問題があるのでれば、もう諦めるしかないと想う

その判断は自分でするしかない

 

そこにいたら自分のその先に何があると想いますか?

未来はどうですか?

 

真っ当な未来は当然見えません

だとするとそれはもう完全に転換すべきですよね

 

問題は倒れて働けない身体になってしまって生き残り、家族や周りに取り返しのきかない負担をかけることになってしまったら? ってことを想像してしまう

それだったら、

変えられる可能性にかけてみる過酷さの方がマシってことです

 

あなたを侵食する原因が単なる雇われ上司であるなら、そして本当のトップがまともであるならば改善策はあるかもしれない

 

んが、経営者自体に問題があるのであればもう完全にゲームオーバーです

会社が給料を払ってくれないってのと同じくらいそこにいる意味・未来はないし、失うものが大きすぎるということです

 

冷静に判断してみて下さい

木だけ見るのではなく、森を見てみて下さい

 

 

 

☆3、労基法自体が助けてくれるわけではない

多分ブラック会社で悩んでいる方だと少しは労基法について調べたりしたことがあると思う

でも、現状としては法的な手段でブラック会社での自分の悪環境を変えることは難しい

それらを立証出来るための証拠をそろえるためのアンダーグラウンド忍耐期間が必要になってくるし、裁判になってからまたかなりの時間とお金を使わなければならない

ソレに対する法的なものをより良く改善してもらうための1コマとしては勇気と覚悟を持ってしっかり主張すべきだとは想う

でもそれに全てを賭けられる覚悟がないとやり遂げるのは厳しい

 

労働者が出来る事は法を少しでも知って会社での駆け引きの武器&バリアとして持っておけるようにすることだと想う

 

経営者は以外にも無知な言葉を放ったりします

それはチャンスです

駆け引きの切り札になりうる頭の悪い暴言をしっかり録音しておきましょうう

念のためにも録音しておいた方が絶対よいですよ

 

 

録音に便利なのはペン型のボイスレコーダー

 

スマホなどでも録音可能だけれど突発的なことにスマホで対応するのは難しい

 

フックのところが録音ボタンで違和感なく録音出来て便利

直接PCとUSB接続で認識され、セーブ出来る
(基本的にはWin対応でMacは非対応だが、MacがWin系のリムーバブルディスクに対応しているものもあり、使えたという声もあるようです)

 

“知識”と”切り札”は自分を守るための剣になりますよ

 

ブラック企業の定義とは?〜抜け出すための手がかりも参照下さい)

女の転職カテゴリ別サポートスイッチもチェックしてみて下さい)
パワハラ対策関連書籍はこちら

 

◎口コミをチェック
10万件の企業口コミ。
キャリコネ転職サービス

◎関東エリアで20~30代なら
手厚いサポートエージェント
を味方につけたい
マイナビエージェント
手厚いサポートと言われる
転職エージェントの内容を
チェック
参照)
◎本気で転職活
ならここは外せない
大手エージェント
リクルートエージェント
本気で転職活動するために
外せない転職エージェント
参照)
◎非公開求人圧倒的、職務経歴書
・面接サポートも充実の
大手エージェント
DODA
(転職エージェント大手2トップ
の1つであるパワーを
チェック
参照)
⭐︎カテゴリ別転職・転機
スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

1 × 5 =