入社してすぐ辞めたくなった場合について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

入社してすぐ辞めるのはどうなんだろう?と迷う場合も結構あると思う

全く問題ないかというと問題ある場合も多々でしょう……

それについやしたお互いの時間も無駄になるわけですし、職歴にキズが付く場合もある

ですがだからと言って躊躇してダラダラとい続けてしまうのも良くはないですよね…

じゃあどうすべきなんでしょうか?

 

 

〜〜項目〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

☆1、すぐ辞めた場合の影響と対策

☆2、何故辞めたいのか?

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

☆1、すぐ辞めた場合の影響と対策

入社してすぐ辞めて先への悪影響はどうなの?

ってことが不安ですよね……..

 

採用期間内に辞める場合

社会保険の切り替えができる前の場合、経歴には無傷でしょう

そして会社によっては採用期間を1か月くらい設けてる場合も多く、社会保険加入手続きを見送ってる場合もあるので、その前に辞めれば、特に次の転職に影響はない場合が多い

ただ、新卒で就職した場合、求職のタイミングがズレる
なのでそのブランク期間は何?すぐ就職できなかったの?何かあったの?とは確認されるでしょう

なのでその受け答えをしっかり準備しておくことが対策でしょう

面接時に質問されて嘘をつくのは詐欺になってしまいますのでNGです

 

 

使用期間も過ぎ、社会保険加入手続き後に辞める場合

そして、3か月くらいすぎてしまった場合はもうなかったことにはできないでしょう…

ただ、経歴書に書かないこと自体がNGな訳ではない

もちろん、

前職は社会保険切り替えの手続きで知られる場合が多いです(社会保険加入手続きをしている会社の職歴は年金手帳を見ればわかる)

 

つまり、経歴書に嘘を書く・面接の際に嘘をつくのが当然NGです。

なぜ短期間で辞めたのかの切り返し、受け答えは、どちらにせよいざという時のために必ず用意しておくことが必要

今に繋がるよう明確に描いておく

 

=============
またすぐ辞めるのではないか?
判断力のない人材なのではないか?
要領の悪い人材なのではないか?

などの疑惑をカバーできることが必要
=============

 

そうなってしまった負のイメージより、次へのエネルギーを見せることの方が大切です

今の私たちにパワーと魅力があればあまり問題ではないし、いくらでもやり直しはできるとわかった方がいい

違うと思ったら ただせばいい

 

 

☆2、何故辞めたいのか?

理由は何にしろ、ある程度満足できる職に就ける方がいいに決まってます

そして、最初にひっかかる点は消えない場合が多い

なので、しっかり浮気してみることも必要です

他の世界を見てみる、探してみること

それは当然のことで、日々、アンテナをしっかり張っておくことは重要ですよね

 

何故か?何故すぐ辞めたくなってしまったのか?を考える必要性は、

本当に辞めた方がいいのかをチェックするため
同じことを繰り返さないため

です

 

思った以上に大変で辞めたい場合

なんとなく思ってたより大変で疲れるから辞めたいなどの理由でもいいのかもしれないけれど、それがメインの辞めたい理由だとすると、結構な確率でどこに行っても辞めたくなりただそれを繰り返してしまう確率が高いでしょう

なので、その理由の場合は焦る必要はなく、辞めずに気ままな気持ちで働きながら転職先を探し続けるのがベストなのでないでしょうか?

 

条件などが全然違うので辞めたい

そして、面接で交わした条件などが全然違う場合、例えば制作側に内定したはずなのに、実際は営業だったとか、事務として入社したのに在庫管理業務だったとか、いきなり地方に飛ばされそうなどなどの場合………

この場合は、

一時的にそうなってしまっているのか
会社の都合でいきなりそうなってしまっているのか
単に会社が勝手なだけなのか
もともと求人内容はつりだったのか

の場合は、改善できる可能性は0ではないですよね
の場合、結構タチが悪い….

どちらにしても、はっきり上司、上司の上司、経営者などに、はっきり相談してみることが真っ当でしょう

と言うより、はっきり突っ込んでみましょうう

 

もう入社したのですから一人の社会人として

“やれと言われたからやっている” では通用しない

やている以上は自分にも責任が発生し、自分で良しとしてやっていることになってしまいます

 

どう考えても話が違うのにそのままになっていることはおかしなことですし、その妙な感じが自分のため、いい仕事をするためのマイナス要因になる得る

そこはすっきりさせておくべきです

 

先々のためにも引っかかる点は明確にしておくべき

その上で、妥協点妥協できない点を見極めることが必要

 

というか難しく考える必要はないですよね…..

はっっきり確認して、その結果から続けられるかどうか自分でジャッジすればいいだけです

 

結果、大きく目的とズレたことをし続けなければならない場合、自分のキャリアとしてそれでもいいのか、それを自分の職にし続けてOKなのか先を考えてみてください

その会社を辞めてもそのポストは役に立ちますか?

 

他で役に立たないつぶしの効かないポストなら、そこ以外では通用しないキャリアであって、その会社に依存した生き方をするしかなくなるということですよ………..

 

ブラック企業だから辞めたい

これはもう迷う必要全くありませんね、

転職しましょううう!!!!!!!

その準備をすぐ始めましょうw

 

どちらにしても即行動あるのみです

行動・対策としては、

まず転職エージェントに相談してアドバイスをもらうのもいい

この先長く働き続けたい仕事場を見つけられること、そこに存在できることで日々は本当に激変します

 

思ったら一刻も早く 動くこと

好転できる種を撒きまくることが重要です

 

では、良い転機をば!!!

◎口コミをチェック
10万件の企業口コミ。
キャリコネ転職サービス

◎関東エリアで20~30代なら
手厚いサポートエージェント
を味方につけたい
マイナビエージェント
手厚いサポートと言われる
転職エージェントの内容を
チェック
参照)
◎本気で転職活
ならここは外せない
大手エージェント
リクルートエージェント
本気で転職活動するために
外せない転職エージェント
参照)
◎非公開求人圧倒的、職務経歴書
・面接サポートも充実の
大手転職サイト,エージェントサービス
doda
(転職サイト・エージェントサービス大手2トップ
の1つであるパワーを
チェック
参照)
⭐︎カテゴリ別転職・転機

 

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

seventeen + thirteen =