朝型?夜型?仕事効率化の工夫、あーたはどっち?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

“効率を上げる” ということは仕事をする上での大きなテーマですよね

仕事をする上で、“効率を上げることを意識する” ことはどうしても必要だ

つまりそれは時間の使い方 時間をどう使うのか?

ということ…..

 

 

〜〜項目〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

☆1、集中しやすいのは朝か夜か?

☆2、リズム感をつける

☆3、習慣化と切り口を変えることの重要性

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

 

☆1、集中しやすいのは朝か夜か?

集中するために必要なこと

①覚醒していること

②室温が高くなりすぎないこと

③満腹でないこと

④雑音が少ないこと

⑤中断されないこと

⑥良い姿勢を保てること

⑦体調が悪くないこと

⑧眠くなりづらい状況にできること

⑨気が散ることがないこと

などなどまだまだありそうですが…

 

つまりは、

眠くならないための体調&環境&準備妨害されないための環境作りが必要です

 

これらを満たせるのは朝?夜?ってことになってきますが、

いやもちろん完全には満たせませんがね 笑

 

でも

眠くなりづらいタイミングを考えると、朝でしょう 

 

まぁ、これらのすべてのことは個人によってかなり変わりますが、単純に考えて、寝て起きて覚醒してからが一番集中力を高めやすいのが通常でしょう

昼は魔の睡魔タイムが存在しますし、夜はもうスタミナ切れに近い状態です

そうすると一番朝がマシと言えます

 

なので私は重要な仕事を朝のうちに済ますよう心がけています

朝早くですと、騒音も少ないし自分だけの意識・集中力を高めるのにいいです

なので起きてすぐシャワーを浴びて目を覚まし、起きたてのエネルギーを生かすように意識しています

午前のうちに困難であろうノルマをこなしておくと、後半エネルギーが低下してきた時も気持ちも比較的楽になれます

 

ただ、以前ブラック会社にいた時は、逆のサイクルで動いてました

なぜかというと、朝早く出社してもパワハラ上司から電話が入って仕事の妨害をされる、自分がやろうとしてる仕事が結局できず、時間外で関係ない仕事を無駄に多くタダ働きさせられるハメになるだけになる

という現象が起こるため、出社は普通にしていました笑

で、夜はパワハラ上司がさっさと夕方から帰ってしまうので、帰ってからが自分のノルマの仕事をやっとスタートできるというサイクルでした…………

だから必然的に夜型で働くしかなかったのです

ま、自分の効率的には最悪な印象でしたが、その環境の中ではそれがマシだったということです

妨害されないための環境作りですねぃ笑

 

現実的にはそういった環境や立場によって何が最善か変わってきますね

 

今は完全に朝型に変わってますが笑

 

でも通常の場合、もし、会社の方々が時間ぴったりか遅れ気味にくるのでしたら、1時間早く出社すると自分の仕事が早く回るようになるので、夜残業するくらいなら、朝早く出社して定時に切り上げる

というやり方も悪くない

 

で、さらに別の入り口で考えると、朝1時間早く起き、朝の支度を早く終わらせ、出勤するまでの時間を有効に使うというのもとても効率が上がる

情報収集、その日1日のタスク管理・ノルマ整理&確認、やらないことの確認など1日の頭にやっておくとやるべきことがはっきりして作業速度と集中力は加速する

逆に夜帰宅してからはどうしても疲れで集中力、思考能力は半減してしまう

どうでしょう?これも個人差があるのかもしれない………

 

あなたはどっち?その辺を意識して選択していくと効率は明らかに変わります

 

 

☆2、リズム感をつける

上記のように、意識して工夫し、色々試しながら良いパタンのリズム感を出してメリハリをつけていくと効率は少しずつ上がっていく

メリハリリズム感を意識することは思った以上に大事です

そうやって自分のサイクルモーションをのクセをつけると、目覚ましをかけなくとも起きれるなんて奇跡みたいなことが普通に巻き起こるようになったりします笑

メリハリをつける勇気・休む勇気を持っときましょうも参照ください)

 

 

☆3、習慣化と切り口を変えることの重要性

で、そうやってリズム感を一定にキープできるようになったら、それを乱す日をあえて作り、マンネリ化して集中力が低下していくのを調整します

例えば思いっきり睡眠をとってみるとか何もしない日サボる日を作るとかです笑

 

仕事がたまっていてもあえてそれをしてみると緊迫感も思わず出たりします

 

一つ言えることは、深夜までべったり仕事してても絶対に効率は上がりませんってことです

まして、『間に合わなければ残業してでもやるしかない』という思考を当たり前にしてしまうともう惰性の塊になり、間違いなくミスも増えます

それがわかっていてもしなければならない時もあるのは私はわかっているつもりですが、それでもあえて声を大にして言いたい

集中力の限界は思ったより短い

それを認識した上で効率を上げられなければ膨大な時間を失っていくだけだ

 

 

時は金なり   そして 時は命なり

時を生かすことができれば 人生は豊かに進化していける…

 

朝型?夜型?どっちでもいいけれど時間を生かせてますか?

私も試行錯誤の連続です笑

 

◎口コミをチェック
10万件の企業口コミ。
キャリコネ転職サービス

◎関東エリアで20~30代なら
手厚いサポートエージェント
を味方につけたい
マイナビエージェント
手厚いサポートと言われる
転職エージェントの内容を
チェック
参照)
◎本気で転職活
ならここは外せない
大手エージェント
リクルートエージェント
本気で転職活動するために
外せない転職エージェント
参照)
◎非公開求人圧倒的、職務経歴書
・面接サポートも充実の
大手転職サイト,エージェントサービス
doda
(転職サイト・エージェントサービス大手2トップ
の1つであるパワーを
チェック
参照)
⭐︎カテゴリ別転職・転機
スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

18 − three =