”転職したい” そう心によぎったらまずすべきこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 

現状になんらかの問題があり、“転職したい” と思うことはきっと誰もが一度は考えると思う

まして今やブラック企業で苦しんで悩んでいる方も多い

これは深刻な問題だ

 

もし、急を要するなら、自分の身の危険を感じるならSOSをしっかり出す勇気と覚悟を持って早めに逃げた方がいい

 

ただ、まだ余力が残っっているのであれば在職中に大至急準備していった方がいい

 

 

 

〜〜項目〜〜〜〜〜〜〜〜

◆1、まずは現状の把握

1-1,転職の状況を把握する(転職力や時分の強みなどを把握する)

1-2,求人広告をチェックしまくってみる

◆2、転職エージェントを活用する

2-1,王道のエージェントに登録する

2-2,希望職種に特化したエージェントに登録する

2-3、地域や自分の年齢にあったエージェントに登録する

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

◆1、まずは現状の把握

1-1,転職の状況を把握する(転職力や自分の強みなどを把握する)

とにかく自分は今どのくらい転職力があり、可能性があるのかをチェックしておきましょう

適性を知り、自分の価値をある程度把握しておくことは重要です

その上で、しっかり自己分析し、どう今を変えたいのか?

どうしたいのか?

どう転機の準備をしていくといいかをしっかり練ることが大事

 

計画・対策をしっかり固めていきましょう
その場ですぐわかる転職力診断 @type

MIIDAS(ミーダス)

などで診断し、適性転職時期の把握自分の適性の把握自分の市場価値の把握をやっておきましょう

 

そして自己分析をし、思考をまとめておくことも大事だ

30代・40代の転職は徹底した自己分析が突破口も参照ください

 

とにかく冷静に現状の把握をすることです

今すぐ動き出すべきか、それともある程度何段階かを経て届かせるのかなどを明確にしていくためには現状の把握は欠かせない

 

 

1-2,求人広告をチェックしまくってみる

その上で更に、自分がエントリーできそうな案件、実際挑戦してみたい求人は現状どのくらいあるのか?を徹底的にチェックしてみることが大事

 

これには “転職サイト” が便利です

転職サイトは転職エージェントとはまた別で、完全に自分のペースを乱すことなくできるので、まずは転職サイトを活用していくことが望ましい

 

また、具体的な履歴書の書き方や転職の心構えなど、転職に役立つ情報をとって学んで自分を磨いていくのに良いので、

転職サイトの情報を徹底的にチェックしておくと現状の把握やニーズの流れも掴みやすくなる

転職サイト@type

転職サイトの【BizReach Woman(ビズリーチ・ウーマン)】

とらばーゆ

上記が女性の転職にも力を入れている

他、

リクナビNEXT、マイナビ転職も王道なのでチェックしてみてください

他、かなり無数にあるので、自分なりにチェックしまくって沢山の情報収集源を確保することをお勧めします

 

 

 

◆2、転職エージェントを活用する

2-1,王道のエージェントに登録する

上記のことを十分にでき、先々の絵が見えてきたら、それを具体的にするために、実際に転職エージェントに登録し、アドバイザーの力を借りてがっつり転職活動を本格的に始めてください

在職中に転職活動するのは当然のことなので、スケジューリングも全て相談できます

無料サポートですので、このプロの力をしっかり借りて転職活動を加速させていきます

 

無料なのはエージェントは企業より紹介料をもらえるからです

 

企業と求職者のマッチングを図り、適した紹介をすることにより、企業も手間が省けるということです

求職者は自分がマッチする可能性の高い企業を無料で紹介してサポートまでしてもらえるので活用しない手はありません

まずは王道で外せない転職エージェントにサポートしてもらうのがいい

◎口コミをチェック
10万件の企業口コミ。
キャリコネ転職サービス

◎関東エリアで20~30代なら
手厚いサポートエージェント
を味方につけたい
マイナビエージェント
手厚いサポートと言われる
転職エージェントの内容を
チェック
参照)
◎本気で転職活
ならここは外せない
大手エージェント
リクルートエージェント
本気で転職活動するために
外せない転職エージェント
参照)
◎非公開求人圧倒的、職務経歴書
・面接サポートも充実の
大手エージェント
DODA
(転職エージェント大手2トップ
の1つであるパワーを
チェック
参照)
⭐︎カテゴリ別転職・転機

上記はまず必須です

 

 

 

2-2,希望職種に特化したエージェントに登録する

そして更に、自分が希望する職種に特化したそれ専門のエージェントにも登録しておくことがベスト

上記の大手転職エージェントで十分な部分もありますが(規模が大きく、絶対数が大きいので)どこにどんな穴場があるかわかりません

数は少ないでしょうけれど、特化したエージェントも味方にしてくだい

 

2-3、地域や自分の年齢にあったエージェントに登録する

地域に密接したエージェントの活用も重要です

北海道ならジョブキタ、関東エリアならマイナビエージェントなどそのエリアに力を入れているエージェントの力を借りることは重要です

 

その他、新卒に強いエージェントや、キャリアの長い方の転職に強いエージェントなどがあります

そのニーズがずれているよりこちらからちゃんと把握して望む方が効果的です

 

企業はなかなか応募年齢をはっきり提示しづらい状況です

なのでそれはこちら側から調べた上で臨んだ方が話は早いです

 

その辺りも含め

 

転職エージェントの選び方
転職カテゴリ別サポート紹介ページ などを参照ください

 

 

まずはこれだけのことをすぐに実行することが転職を可能にする行動です

身の危険を感じるほど追い込まれてる場合以外はすぐ退職せずにまずはこれだけのことを在職中にすべきです

 

行動しなければ変わりません

変えたいのであれば変えるしかないのです

 

すぐに行動していきましょう!

では良い転職・転機あれ!!!

 

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

5 × three =