過重労働じゃない?ブラック企業?そう思ったらやるべきこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

まず、基本的には置かれている状況が法に反しているかどうかを知ることが先になってきますよね

就業規則労働基準法を知っておくべきです

過酷過ぎない?これおかしくない?そう思ったらまずはチェックしてみるべきです

 

 

〜〜項目〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

☆1、労基法(労働基準法)ではどうなっているの?

☆2、就業規則ってなんだっけ?

☆3、違反されてる場合どう対処すべきか

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

 

☆1、労基法(労働基準法)ではどうなっているの?

基本的には、下記の内容は把握しておきたい項目です

 

使用者は、

1日に8時間、1週間に40時間を超えて労働させてはいけない(32条1項・2項)

労働時間が6時間を超える場合は45分以上、8時間を超える場合は1時間以上の休憩を与えなければならない(34条1項)

少なくとも毎週1日の休日か、4週間を通じて4日以上の休日を与えなければならない(35条)

労働者が6ヶ月間継続勤務し、その6ヶ月間の全労働日の8割以上を出勤した場合は、10日(継続または分割)の有給休暇を与えなければならない

6ヶ月の継続勤務以降は、継続勤務1年ごとに1日づつ、継続勤務3年6ヶ月以降は2日づつを増加した日数(最高20日)を与えなければならない(39条)

 

上記が基本

で、

法定の労働時間を超えて労働させる場合法定の休日に労働させる場合などには36協定を締結し、労働基準監督署に届け出なければならない
この場合、割増賃金を支払わなければならない(36条・37条)

 

更に、1週間で15時間1か月で45時間を超える時間外労働は、残業代を支払っていても超えてはいけない決まりになっている

 

(時間外労働の限度に関する基準|厚生労働省・都道府県労働局・労働基準監督署)

(残業時間の労働基準法はどれくらい?|厚生労働省参照)

(労働基準法第32条~41条参照)

(労働時間・休日|厚生労働省参照)

(36協定|コトバンク)

 

(有給休暇付与日数などについてはこちらも参照ください)

(パワハラ・セクハラブラックはこちらも参照ください)

 

というのが一応の労基法で決まっていることです

ブラック企業の場合、上記のことを普通に無視していますよね

 

☆2、就業規則って?

これは使用者と労働者の間に結ぶルールみたいなものです

労働者が10人以上存在する場合はあるはずです

これは、

法的な決まりより、こちらが優先されることもある
有給は取れないとかそういうことではなく、例えば有給を取る、会社を辞めるなどは、突然ではなく、何日前に申請しなければならないなどがあった場合、自分の予定していた日にち通りにいかないことがあるなど)

で、例えば、この就業規則がある場合、法的な手段で会社と闘う場合などにも必要になる(残業代請求や、時間外労働、過重労働で訴えるなど)

なので、

事前に内容確認・事前把握・書類のコピー・契約書のコピーなどを控えておくことが必要になってくる

 

 

☆3、違反されてる場合どう対処すべきか

で、上記の内容に反するものに対して、罰則規定も一応あります

労基法に違反した場合の罰則は “6ヶ月以下の懲役、または30万以下の罰金”とになっている

その他残業代請求も可能です

 

ですが、

証できる証拠” を自分で揃えなければなりません

 

例えば、ブラック会社、ブラック企業ってだいたいタイムカードないと思う笑

ですがそういった場合、会社が悪いのですが、訴える場合や残業代請求するには

 

残業をさせられていたこと、

残業をせざるをえない状況を見て見ぬフリされていたこと

労働時間

労働内容

などを証明できる証拠を揃えなければならない
(労働時間、内容の細かいメモ、その時間のFAXや、メール、PCの電源を落とした時間,などの証拠、証人など)

 

そしてパワハラや脅迫、脅し、暴力なども、明確な立証できる証拠が必要になってくる(言動の音声録音、言動暴力の録画など)

 

で、これらを勝てるくらい落ち度なく準備していくのは、なかなか一人では難しいと思うし、とてつもないエネルギーと時間を消費してしまうことになる

 

なので、

できれば訴えたりすることを目的とはせずにこれらの証拠を残しておくことを始めつつ、転職活動をさっさと始めていくのが得策に思う

証拠は訴えるためではなく、会社と駆け引きするための、知恵・ネタ・切り札とする

 

上記の内容を理解し、いざって時は訴える準備があることを最後の武器に、勉強した知識で駆け引きしながら有給を消化し、残業せずに転職の準備をしていけることが現実的に感じる

 

転職に成功した後でも残業代請求は証拠さえあればできる可能せいが高い

で、これら含めて、一度は無料弁護士相談などで色々相談してみるなどもいいと思う

私もそこからかなりのヒントをもらい、ブラック会社を辞める際、残業せずになんとか最低限の駆け引きはできた

 

このブログサイトで何度か書いてきてますが、

とにかくブラック企業というのは闘うより

“逃げるが勝ちだ”

 

これは間違いない

 

さっくり切り替えられる準備を着々と進めましょうう

 

 

では 良い 転機をば!

 

会社辞めたいと思ったら真っ先に知るべきポイント11

 

◎口コミをチェック
10万件の企業口コミ。
キャリコネ転職サービス

◎関東エリアで20~30代なら
手厚いサポートエージェント
を味方につけたい
マイナビエージェント
手厚いサポートと言われる
転職エージェントの内容を
チェック
参照)
◎本気で転職活
ならここは外せない
大手エージェント
リクルートエージェント
本気で転職活動するために
外せない転職エージェント
参照)
◎非公開求人圧倒的、職務経歴書
・面接サポートも充実の
大手転職サイト,エージェントサービス
doda
(転職サイト・エージェントサービス大手2トップ
の1つであるパワーを
チェック
参照)
⭐︎カテゴリ別転職・転機
スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

twenty − 5 =