転職・転機に欠かせないものは楽観性パワーと人との関わり

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 

私は比較的元気もないし前向きでもないほうです 笑

そして繊細でデリケートで小さい事でも大きなダメージを受け、クヨクヨします笑

ですがそんななかでも見えてきたことがあります

“楽観性パワーの面白さ”  と “誰と関わるのかの重要性” です

 

 

 

 

暴走

 

 

 

〜〜項目〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

☆1、楽観性は日々を変える

☆2、関わる人で人生は変わる

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

 

☆1、楽観性は日々を変える

岐路に立たされたり、絶体絶命のピンチに遭遇したりしたとき、あわてふためいて思い悩んでしまうかもしれない

んが、それがたとえばもうどうしようもないこと、そこでなんとかしようがないことの場合、

“なんとかなるさ”  と  “楽観視すること”  で “離すこと”   って重要だなぁと想う

 

私はマジメで頭がカタイ方なので、

“なんとかなるさ?”  って ”なんとかしろよ!” ってツッコミたくなる部分もある人間です笑

つまり、ゼンゼンなんとかなんねーよ!って危機に何度も遭遇してたりもしてます笑

 

で、何とかなってんじゃん だって生きてんじゃん!って想うかもしれません

ええ、確かに生きてますが、生きてるからなんとかなってるって判断は…….

まあ、このお話は今日はやめておきますね、タイトルと離れてしまうので笑

 

テキトーにいいかげんにちゃらんぽらんでなんとかなるさと生きていける人もいるでしょう

でもそれはそういう☆星まわりの本当のイカレポンチでないと貫けないでしょう

中途半端なイカレポンチじゃ興醒めして目の前の現実に立ち尽くしてさらに自分の小者ぶりを受け入れられずに自滅してしまうかもしれない

 

なので、ここで言う、”なんとかなるさ”  は、“やるだけやったらあとはもう運を天に任せて離しましょう”

という意味が大きい

あとはもう なんとかなるさ なすがママできゅうりがパパ

 

 

それと、

楽観視することの面白さって偉大

だと想うんですよ

 

いやまあ そんなたいしたもんじゃないですけど、楽観視できるということは

間違いなく日々を軽やかに楽しく変えていけるということで

 

“ミラクルマジック血流も良くなるかもよ?しゃらんるあああぁあモフモフドリームアタック”

だと想うんです 笑

 

ちまちまネチネチ悩んでいたのにうっかり忘れて面白いことにあっさり流されてしまうテキトーさ

そんなことしてる場合じゃない時にそんなことに夢中になって趣旨も目的もあったもんじゃないって始末を楽しんでしまえるバカさ加減の面白さ

 

私の場合は、ちまちまネチネチいちいち苦しみますが、そのかわり、面白いことにもいちいち反応してしまいます笑

大袈裟なのでなんてことない平穏や何もないことにも幸福を感じ、ちょっとした笑いなどにも敏感でうっかり楽しく嬉しく心が弾みます

 

そんな時、いやまあ、“なんとかなるさ”   とふと想えるのです

 

 

 

☆2、関わる人で人生は変わる

私は前職場での人間関係のしんどさにつくづく、

“誰と時間を共にするのか”  で  “人生が変わってしまう”   ことの恐ろしさを知りました

 

“人生はそこにいること自体自分の選択の結果”  と受け入れると、確かに自分次第です

 

それはつまり、まずは、共に過ごす人間をしっかり選ぶべきだということです

 

一緒にいたくない人との時間を強制されることは自分自身を破壊してしまうほどマイナスの歯車が暴走します

 

 

人間関係のしんどさはある程度のことは忍耐力を磨いたり、自分が成長するための経験として財産になっていきますよね

でも常識を異するほどの圧力がかかった人間関係にはマイナスパワーしか生まれません

 

改善なんてしようがないし、誰のためにもなりません     相手にもマイナスパワーが積み上がっていくだけです

言ってみれば “負の貯蓄”  をしてるようなもんです

 

 

どうせ生きているなら、時間を共にして楽しい人磨き合える人といたいです

出会えてよかったと想える人との時間を大切にしたいです

 

悪魔みたいな人間とは関わりたくない

自分の物語に出演させたくないです

 

類は友を呼ぶ

 

そんな人間の下で働かなくてはならない結果をもたらしたのは私自身にそういったものを引き寄せてしまう人間関係を軽んじているマイナス要素がきっとあったんだと思う

 

これからは

いいな すきだな と思う人との時間を優先して大事にして生きたいと想う

そして自分自身もそういった人たちと関わり続けられるよう進化していきたいと想う

 

 

いや まあ

 

自分の人生は 笑い話に変えていきたいとうっかり想っています

 

 

 

話しを本題に戻すと、

 

岐路に立たされた時、何かを変える時、なんとかしなければならない時、

なんとかなるさと腹をくくること

なんとかなるさと楽観視すること

ジタバタしたっって 泣きじゃくったって なさけなくったって

それが人生であり 生きる事だ

 

死ぬ訳じゃないんだしって言葉はキライだから使わない

例えるなら……

 

今すぐスライスされて刺身にされるわけでもないし

手足取られて海に捨てられるわけでもないし

エイリアンに寄生されるわけでもない

 

心をゆるく 視界を広げ、時には遠目で見る事

そしてどんなときにも遊び心を持つこと

人間関係を重んじる事

 

が転機には特に必要なパワーだと痛感している

 

“楽観性パワーの面白さ”  と “誰と関わるのかの重要性”

を、ほんのり知っておきたい

 

◎口コミをチェック
10万件の企業口コミ。
キャリコネ転職サービス

◎関東エリアで20~30代なら
手厚いサポートエージェント
を味方につけたい
マイナビエージェント
手厚いサポートと言われる
転職エージェントの内容を
チェック
参照)
◎本気で転職活
ならここは外せない
大手エージェント
リクルートエージェント
本気で転職活動するために
外せない転職エージェント
参照)
◎非公開求人圧倒的、職務経歴書
・面接サポートも充実の
大手転職サイト,エージェントサービス
doda
(転職サイト・エージェントサービス大手2トップ
の1つであるパワーを
チェック
参照)
⭐︎カテゴリ別転職・転機

 

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

5 × two =