面接官側から見た採用のポイントをぶっちゃけてもらいました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
O.M 2

実際採用に関わるお仕事(通訳&人材派遣コーディネーター)で活躍中の女性がいるので

その辺のぶっちゃけ話しを訊いてきましたyo.

まぁ、会社によってやその面接官によって大きく違う部分もあるでしょうけれど、話しを訊くと求職者側にはなかなか見えない部分の話しもあったので単純に面白かったです

 

 

 

そうです、前回ここでインタビューをさせて頂きました40代ママさんで転職に成功した”M.O”さんは現在、人材派遣コーディネーターとしても活躍しているので、またまた訊いてみました

O.M 2

【O.Mさん】40代・子供3人・パパ(別居中)の5人家族

・海外在住&就業経験あり(英会話力有り)
・転職先:翻訳・通訳会社にて、
通訳&人材派遣コーディネーターとして活躍中w

 

 

 

Q.採用の際、面接官側が選ぶポイントって何ですか?

A,
===========
A①まずはとにかく見た目(化粧・服装・表情)

A②マッチング

A③人柄
=========

この3つだと言う….

☆面接のポイントまとめ

 

 

 

A①『まずはとにかく見た目(化粧・服装・表情)』

真っ先に帰って来た答えが

『見た目!』

でした笑

これは、『どんな見た目がいいかはもちろんその企業によって異なっては来るけれど、まずはほとんどの企業というか面接官はこの “見た目” を大きな判断基準としている』とのこと

もちろんほかにマッチングポイントが高ければ致命的にならない場合もあるが、この“見た目判断”はかなり大きいとのこと

それは、

・”見た目” にその人が映し出されるとして意識して厳しくチェックしている面接官

・単純に、”見た目” に捕われてしまう面接官

など様々ですが、とにかく単純に見た目はかなり絶対的に重要と言える

 

それくらい他者との関わりに  “外見”  “見た目”  の与える印象は大きいってこと

ま、当たり前ですよね、

中味がわからない以上、見た目の印象にもってかれるのが人間の性でしょうし

見た目にはその人が映し出されて当然ですから、”見た目”でまず判断するのは正しい

 

で、

『化粧の仕方、濃さ、服装とかもかな〜り見てるよ』

とのこと………

何がいいのかはもちろん求められるものによって異なって来ますが、基本的なこと、

つまりふさわしくない厚化粧、ネイル、服装、清潔感のない印象などは当然NG』とのこと

 

特に、25歳以上からは

『その場に会った自分の外見を作れることは社会人の女性として必要で当然とされることで、

30代以降でればそれすら出来ない適応力のなさ、無神経さは完全にマイナスとされます』っとのこと

 

その職種、業種、そしてその企業、その会社、その部署が、何を求めているか、どんな感じがふさわしいのかどんな感じが好かれるのかを事前にきっちりチェックですねぃ….

 

アパレル系にはキメ細やかなセンスある見た目が必要でしょうし、

事務系には爽やかで自然なセンス

クリエイティブ系にはプロデュース力のある全体像のセンス

などなどのさりげないちょっとしたセンスが必要です

 

プラス表情であり、話し方であり、身のこなし方であり、そういったトータルの”見た目”で見抜かれ、判断され、値踏みされるということを十分理解しときたい

 

女は特に外見を磨くことは内面を磨くことにも繋がると言っていい

ここはやっぱりなれる中で1番の自分を目指し、日頃から積み重ねておきたい

そして、寸前まであがきましょうw女は最後まであがきましょうw

見た目を諦めるな 捨てるな はぁ………………w

 

 

 

A②『マッチング』

『経験と募集内容のマッチング!』

『どんなことを経験してきたのか、それらは必要としている内容をクリアしているかは当然、重要なことで、マッチングしてない求職者を採用してしまったら採用側もそれなりの責任を求められてしまうので、必死にチェックしてますよ』とのこと

『ミスマッチは採用責任者側の仕事として信用に関わる部分なので徹底的にチェックされます(必須条件を満たしているのかをきっちりチェックされます)』

そして、

『求めている内容に答えられる人材か、探している内容に合致する人材か、それに答えられる経験と実績はあるか、もしくはそれに答えられる可能性を感じられる人材かをきっちりチェックします』

とのこと

『それと、質問に対して的確に単的に答えられるかもしっかりチェックしてます。経験が豊富な方に多いのが、ダラダラと話しが長くなりがちなのは注意が必要』

 

なのでそれに答えられる、的を得た反応、適応が出来るよう、シュミレーションはしっかりしておくべき

 

 

A③『人柄』

『面接の短い時間の中で、その会社に合うかどうかの  “人柄”  もかなりしっかり見る』とのこと

で、それって単に面接の問答のときだけでなく、

“雑談の中で人柄を見る”』とのこでした

 

『突き詰めた本題の会話の中ではなく、むしろ “雑談の中に人柄が出る

そしてそれが単に “採用の決めて” になる場合も少なくない』とのこと

 

 

 

これらは、面接官が、採用のプロなのか、単なる経営者なのか、または単なる上司なのかによってもかなり変わってきたり、偏ってきたりもするが、

これらってつまりコーディネーターに推してもらえるかのポイントであり面接官に採用してもらえるポイントの要であるということですね…..

 

 

☆面接のポイントまとめ

ま、求職者は人間力を磨きつづけるしかないってことに尽きますが…..

そして最後まで諦めないこと

それら含めてまとめてみますと………

 

*1、第一印象を良くするため”見た目”をしっかり磨いておく

・顔はしっかりお手入れしておき、メイクはその場にあったセンスのあるものにする

・服装もふさわしい服装&清潔感を意識する⇒匂いも香水が強過ぎるのもナンセンス(好みも違うしキツイ匂いには注意が必要)そしてタバコ臭い汗臭いは女である以上圧倒的マイナスになります

・髪・指先・足元・足先・立ち振る舞い・表情・話し方にも印象を悪くしないにはどうすべきかを意識すべき

 

*2、応募先と自分のマッチングは何かをしっかり認識しておく

・自分のウリは何かを明確に簡潔に解りやすく伝えられるようにしておく

・何故、その企業を私は選んだのか?をしっかりはっきり説明できるようにしておく

・私を採用するとこんなことができる、こんな事で貢献したいを伝えられる

・面接での質問に対して“的確に単的に解りやすく”伝えることを意識する

 

*3、普段から人としてどう在りたいかも模索しておく

人として何を重んじ、何を大切にしているでしょうか?

“人柄” ってその場しのぎで取り繕えるものではないし、この部分は企業になびかなくとも良い部分であるように感じる

普段から大切に思い、大事にしているものを見つめ直し、更に大事にしていけばいいように思う

そこがマッチングしてないことによりそれが致命的でNOとされるのであればやはり合わないのであると言えましょう

であれば最初から、こちらもNOってことでよね笑 残念ですが諦めるべきです

お互いNOなのに命とも言える時間を共有することのむなしさったらありません………….

 

何にしても、

どこにチャンスがあり、キッカケが転がっているのかは解りません

その “運に近いもの”“呼び寄せる” には、その側面にぶちあたる確率を上げるしかない

つまりチャレンジしまくらなくては始まらないってことですね,,,,

 

40代で転職に成功したママさんにインタヴューしてみた)や、

30代40代転職での面接は “人間力” の魅せ所 )も参照下さい

 

◎口コミをチェック
10万件の企業口コミ。
キャリコネ転職サービス

◎関東エリアで20~30代なら
手厚いサポートエージェント
を味方につけたい
マイナビエージェント
手厚いサポートと言われる
転職エージェントの内容を
チェック
参照)
◎本気で転職活
ならここは外せない
大手エージェント
リクルートエージェント
本気で転職活動するために
外せない転職エージェント
参照)
◎非公開求人圧倒的、職務経歴書
・面接サポートも充実の
大手転職サイト,エージェントサービス
doda
(転職サイト・エージェントサービス大手2トップ
の1つであるパワーを
チェック
参照)
⭐︎カテゴリ別転職・転機

 

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

five × 1 =