結果と速度に拘るなら1つに絞って他は捨てる勇気が必要

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 

仕事はスピードが必要 それはわかってる

心には ゆとりが必要 それもわかってる

 

生きてる以上、時間を止めることは不可能だ

手持ちの時間でどう料理するかができることを決めていくのかもしれない

 

 

思わぬところで、以外なオファーがあったり、想定外の美味しそうなお話が突然迷い込んでくる場合がある

それは  “運が良い” とか、”良い出会い” なのかもしれない

なので、そういった  “突然の違う風”  は受けてしまいがちだし、私も受けてしまう場合がよくあった

 

その時は、そういった  “未知の違う風”  に吹かれることによって流れを変えられたり、感じた事のない意表をつかれた面白さに振り回されるのもいいなと、あえて日程がキツくともその流れに身を投げてみることをよしとしていた

そして  その先にある “未知の違う風”  に吹かれなければ得られなかったであろう関わりやタイミングは大事にすべきだと感じていた

今も確かにそう想う

 

んが、何かをやろうとしているとき、それが明確であればあるほど、そういった “未知の違う風” の誘惑はあえてお預けにすべきだと感じるようになった

 

何故かというと、明確な目的を持って進めば進むほど必然的にそういった風の誘いは多くなる

そしてそれを受けられるかどうか考える時間ですら本当は貴重な時間を消費して更にそれを受けてしまった場合通常は自分がやろうとしている明確なものからは大幅に脱線してしまいがちだ

というか脱線してしまう

それはきっとロスではない んが、明確なやろうとしていることに適切に加担しているものではない場合がお多い

つまり自分が突き進んでいる道を一旦保留にしていることになり、これを道の途中で1つでもやると当然目的地に辿り着くのはどんどん遅れていく可能性が高くなってしまう

これを寄り道の楽しみ方、旅の途中の楽しみ方、と捉える感覚も確かに好きだ

 

ただ、明確な自分の目的がはっきりある場合、

どうしてもまずそこに辿り着きたい場合は、

それ以外を遮断する勇気、1つに絞る勇気が必要な場合時期もある

ということを痛感する瞬間がある,,,,

 

経験を楽しんだり、のりしろを嗜めることが出来たり、色んなタイミングや風に振り回されることを楽しめる人生も素晴らしいと思う

“1つに絞らない勇気” も間違いなく貴重な感覚だと思う

つまりあれもこれもまずはやってみる、途中で止めてもOKってこと….

たしか森毅さんの著書でそのようなことが書かれているものがあり、最もだなあと思っていた

 

でもあえてそうしない時期も必要だったりするんだよな,,,,と とても最近思う

結果と速度に拘るなら、

“1つに絞る勇気”     “他は捨てる勇気” “自分を狭める勇気”   が必要な時期も確かにある

そう想う,,,,,,,,

 

ではよい 片道ライフをば!❤笑

 

◎口コミをチェック
10万件の企業口コミ。
キャリコネ転職サービス

◎関東エリアで20~30代なら
手厚いサポートエージェント
を味方につけたい
マイナビエージェント
手厚いサポートと言われる
転職エージェントの内容を
チェック
参照)
◎本気で転職活
ならここは外せない
大手エージェント
リクルートエージェント
本気で転職活動するために
外せない転職エージェント
参照)
◎非公開求人圧倒的、職務経歴書
・面接サポートも充実の
大手転職サイト,エージェントサービス
doda
(転職サイト・エージェントサービス大手2トップ
の1つであるパワーを
チェック
参照)
⭐︎カテゴリ別転職・転機

 

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

5 × 2 =