感覚がマヒしていく社畜【社畜ブルース】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ブラック企業にハマったよ

長いものに巻かれたよ

なくした嗅覚

忘れた本能

思い出せない夢模様

 

 

ネジ

 

ブラック企業は 社畜を飼いたがる

ブラック企業は 調教上手

ブラック企業も生きている

 

生きることは選択の連続

選択のセンス、感覚のセンスが生死を決める

そうだったはず

 

 でもみんなが従っている

それが当然で当たり前で正しいことのように錯覚する

『自分の  “!?”  がもしかしておかしの? 』って

うっかりあれ?って思ってしまうんだ

要注意

 

意志を持った頭のカタイ人間でも笑

みんながぐっとガマンして文句も言わずに言いなりになっていると、

まるでおかしいと思う自分が勝手でワガママな生物のように思えてしまうのです

 

これが集団社会の恐ろしさ

集団社会の感覚のマヒ現象

 

みんながソレを選び、みんながまとまってソコになびいていく

その中で正しい判断を見極め続けるのは結構難しい

いちいち 『はぁ!?』 ってなることにも疲れる

もうどうでもよくなって好きにしてなすがままに状態に…

そうしてるうちに

『おかしぞソレ!?』ってのに気付きもしなくなってしまう

 

そうやって 集団洗脳 社畜増量

ブラック会社にとっては好都合

“単なるネジ”  “単なる部品”

出たら打って 壊れたら変える

 

『あれ?おかしくね?』

そのあーたの感覚

それはあーたを守るための感覚センサーだ

 

全てのことに対して融通を利かせる必要はないと言っているのではない

 

ただ、”どう考えてもソレおかしいですよ?”

ってことはきっとおかしい

飲み込むことによって相手はここまでOKねと記憶してしまう

そうなってくるとどんどん浸食してきます

 

持ちつ持たれつは当然だ

んが

親しき仲にも礼儀あり

労働者にも権利あり

 

長いものに巻かれることも時に必ず必要なテクニック

何が正しくで何が間違いかの判断は自分自身でジャッチ

ジャッチするセンスは絶対必要

働く上・生きる上で根源的に必要なセンス

 

生きることは選択の連続

選択のセンス、感覚のセンス

 

あーたのそのセンス

心の奥底で鳴っていたはずのシグナルは何だった?

 

忘れきってしまったら、戻ってくるのは結構大変……..

結構大変……..

 

ブラック企業も生きている

 

だけれど社畜も生きているw

 

なくした嗅覚

忘れた本能

思い出せない夢模様

だけれど社畜も生きているw

 

 

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

3 × four =