一番最初に活用したい転職サイトNO.1 の内容チェック

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

転職を考えるとき 会社を辞めたいと考えたときまずどうしますか?

とにかく自分が転職出来そうな求人はどのくらいあるかなどの現状が気になりますよね

そして可能性を広げておけるアンテナを立てておきたいと思うはずです

その最初のアンテナとして欠かせない転職サイト、

その内側を更にチェックしてみました……

 

 

 

その第一アンテナは….
リクナビネクスト

 

*企業会社名

株式会社リクルートキャリア

・設立:1977.11.28(商号変更2012.10.01)

・従業員:3,039名

 

*特徴内容

・大きくは求人情報を探すスカウトを待つ転職成功ノウハウマイページからなる転職サポートサイト構成

レジュメ(匿名公開職務経歴書)を登録しておくだけで企業から直接求人案内メールが届くように出来る

・転職に必要な知識、ノウハウをサイトから自分のペースで吸収出来る

・求人情報は、『職種から探す』・『勤務地から探す』・『色々な条件から探す』・『出来る事からさがす』・『キーワードから探す』などがあり、更に細かいカテゴリから探せる

・毎週水曜、金曜更新で新着更新情報も豊富

全国エリア

年齢も幅広くサポート

 

 

*管理人チェック

在職中だとなかなか情報収集に時間を使えないことも多いけれど、レジュメ登録しておけば何もせずとも圧倒的な数に対してアプローチ出来るので、転職アンテナを張り巡らせておくのにいい

結果スカウトが複数くるようならそのレジュメの方向性で正解ということだし、反応が悪いのであれば改善しなければならないなどもわかる

その場合、レジュメ完成度診断もできて向上していけます。

 

ま、ここまでの枠は他にもそういったサービスはありますよね,,,,,,,,

んが、

スカウトオファー総数登録者数の凄さはサイトで確認するとびっくりします笑
こんなにあって、こんなにいるんかい!って感じ笑

ただこれは登録者が多く、人気があるサイトってことなので、アピールが弱いと埋もれる可能性があるってことでもあって、レジュメ作成の前にしっかり自己分析してサイトのコンテンツも活用してツボをおさえておくべきかな…

そうすることによって大きな定番の窓口をおさえておけるってことですね

 

それら活動の為に自分の強みやアピールを把握することが必要になってきますが

その診断もできます

自分のアピールできるポイント、強みを知っていますか?把握できていますか?

 

これら含め、求職者に人気があり、転職サイトの定とされるのはうなずける

 

また、登録するとマイページを持て、リストの管理、活動の管理が出来て、自分専用の転職ダッシュボードを持ち運べてる感じ(スマホアプリもある)

求職情報は検索しやすく、“出来る事から探す” では、経験業務・経験分野カテゴリーなどのくくりもあり、業務、経験、スキルからも探せて素早く的を絞っていける

 

余談ですが

転職活動するにあたって、転職サイトだけでなく、転職エージェントも複数活用することになると思いますが、エージェントは丸腰で面談しない方がいいです

まず、しっかり自己分析して転職サイトである程度の転職ノウハウ、履歴書・職務経歴書を書く練習や準備をしておき、さあ、本腰を入れて活動するぞ!ってなったときに “エージェントとの面談” で少しでも自分を高く買ってもらえるようになっていた方がいい

エージェントとの面談から面接の第一歩が始まっていると意識出来る方が断然いい

 

そこで、

リクナビネクストを活用することによって、

大手リクルートの独自パイプより現状を把握しながら情報収集、情報の簡単管理ができ、自分の存在をアピールしておける(企業も『とりあえずまずはリクルートに登録』ってのが多い)

正社員着地への転職意欲、働く意識など、最前線の市場から自分をある程度高めておくのに役立たせることができる(大手転職エージェントサービスを受けるための自分磨きをしておける)

 

ま、単純に言いますと、

“大手で定番” “全国エリア対応、40代〜もいける幅広さ”

それらの

“定番・基本窓口はおさえておかないと損かな” といった

まず一番最初に活用したい転職サイトNO.1 アンテナでしょう

 

公式サイト無料登録ページはこちら

 

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

18 + nineteen =