社畜はどうすべきだったのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 

追いつめられて出口がない時、社畜はどうすべきなのか?

ブラック会社でやってみるべき事は何でしょう?

社畜にも色々でそれぞれ立場が違うでしょう

無数に存在すると想う

でも

変えられること よくなれる事を

アキラメルナ

 

 

 

 

 

社畜はどうすべきだったのか

 

 

 

独創的におしつけれられ、抱えきれない膨大な量を強制されて

倒れる事も許されない状況だった場合

どうするでしょう?

 

生活がかかっています

すぐには逃げる事はできません 誰も助けてはくれません

自分1人でなんとかしきれないことをなんとかしなければならないとき

そんな時はどうすることがベストでしょうか?

 

これは深刻なQです

 

一歩間違えばとりかえしのつかないこといことになってしまうかもしれないであろうとき

どうすべきなのでしょうか?

 

やっぱり我慢して耐え忍ぶしかないのでしょうか?

 

全うなやり方で通用しないのが黒い会社です

 

 

まずは切り札を作るべき持つべき

ブラック企業の定義、抜け出すための手がかり参照)
基本的にはその会社に相談したって良くなりはきっとしない
つまり、切り捨ててもう二度と関わらないのが得策だと思う
だったらそこにいる間のダメージを最小限にする線引きと、辞めるための準備を秘っそりとするしかない

労基法を良く知り、立証できるネタを掴んでおくこと

まずはコレだと想う

 

 

切り札を準備出来た地点で

おおきな声でSOSすべきなのだと想う

はっきり NO!   と言うべき

ムリです、違法ですよ?線を引くべきと思う

 

そして良くなれる対策、現場の改善すべき点、導入すべきシステムなどを提案してみるのも良いと想う

ブラック企業やブラック会社にも色々あるので、その提案に乗って改善しようと、変化してくれようとしてくれる可能性は0ではないのかもしれない

 

倒れてしまう前に思いっきり主張すべきなのかなと….

まあ、そんなことで良くなるなら苦労しないのかもしれないけれど…..

 

そしてどうしても兆しや可能性を見出だせないのであれば、切り札を使って飛び出すしかない

 

 

同じく苦しんでいる人がいたら

なんとかやってみて欲しい

諦めないでほしい

 

どう考えたって 多くは経営者に責任があるのだから

 

もしかしたらあなたの周りには助けてくれる人がいるかもしれない

そしてきっとそれは はっきり  “助けて”  と言葉にしないと届かない

 

 

生活のためでも 倒れてしまったらもともこもないのですから

 

守るべき者のために 自分のために 生きるべきだ

 

 

 

 

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

twenty − twenty =