社畜とはなんでしょう?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

社畜とは?

もう今更感はありますが

私は表面的には生粋の”社畜”だったと想う笑

そしてそれを仕方ないと受け入れては、

どこかでいつかひっくり返したいという思いと

逃げられる術はないんだろうなという思いを行ったり来たりしていた

 

 

 

社畜とは何でしょう

 

 

一般的には

社畜(しゃちく)とは、主に日本で、勤めている会社に飼い慣らされてしまい自分の意思と良心を放棄し奴隷(家畜)と化したサラリーマンの状態を揶揄したものである。「会社+家畜」から来た造語で、「会社人間」や「企業戦士」などよりも、皮肉が強く込められている言葉である。

英語圏では同様の概念として「wage slave」(賃金奴隷)が存在する。

Wikipedia-社畜より引用

 

とのこと…………

 

社畜を存在させてしまう理由には色々な複数の要因があるだろうけれど、、、、

きっとなくなりはしないし

 

抜け出さなければ 抜け出せないでしょうし

 

 

その中で労働者が出来る事は何でしょうか?

それはきっと心の奥底にしまっておいてもいいから

マシになれること変えられる可能性を捨てないこと諦めないことだと想う

 

 

もし、変えたいと想っているなら

変えられるタイミングはきっとあるのだと想う

 

 

社畜とは何でしょうか?

 

それは

 

 

貴方もなりうる、 誰にでもありうる

ごくありふれた現象の単なる名前であって

雇われの身なら誰だって片足をうっすら突っ込んだ状態であって

いつその侵食が広がり出すかは実際本人にもわからないものであって

 

そしてもしかすると

 

屈辱的なシーンも乗り越えてなんだかんだ言いながらも出口に向かい

最後にはなかなかの化け方をする面白い可能性を秘めた

毛虫のような生き物なのじゃないかしら

ふと こじつけで想ったり してます…………..

 

その束縛・拘束によってなだめられた可能性は忍耐力というエネルギーとなって貯蓄され

いつしか膨大なパワーをもった爆発力と行動力に火が付き、尽きることのないその先の原動力になるのかもしれない

羽化して変化するかのように……

 

 

最後にはやり方とか、安全パイはどれかとか関係なくなっていく

“わたしが選ぶのはどれか” だ

 

選べないものは自分であることと、親と、故郷と、子供だけだ

それらは受け入れて進化していくしかない

 

選べるものは、イヤなら選び直す、自分で選択し直すことができる

言い訳は 出来ない

 

“くぐり抜けてきた過去たちが 今のカタチの訳なのでしょう”から……………….

 

◎口コミをチェック
10万件の企業口コミ。
キャリコネ転職サービス

◎関東エリアで20~30代なら
手厚いサポートエージェント
を味方につけたい
マイナビエージェント
手厚いサポートと言われる
転職エージェントの内容を
チェック
参照)
◎本気で転職活
ならここは外せない
大手エージェント
リクルートエージェント
本気で転職活動するために
外せない転職エージェント
参照)
◎非公開求人圧倒的、職務経歴書
・面接サポートも充実の
大手転職サイト,エージェントサービス
doda
(転職サイト・エージェントサービス大手2トップ
の1つであるパワーを
チェック
参照)
⭐︎カテゴリ別転職・転機

 

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

sixteen − 1 =