退職後の手続き

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
Exit-In-Da-Darkness

 

退職後、まずは少し休みたい

そう想いますが、先にやるべき事は結構あったりします

やり忘れると自分が損なので、

退職したらまず間髪入れずすぐにやっておきたいです

なのでまとめておきました…

なるべくスムーズに道を切り開いていけるよう

サクサク進みましょう〜

 

 

 

 

Exit-In-Da-Darkness

 

 

項目〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

☆1、失業保険の手続き

☆2、健康保険の手続き

☆3、年金の手続き

☆4、市民税の手続き

が必要になる

☆5、退職後の手続きまとめ&注意事項

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

 

☆1、失業保険の手続き

これは退職後失業保険が給付されるための手続きなのでとても重要

会社から “離職表” が届いたらすぐ手続きした方がよい
(手続きが遅くなればなるほど当然給付され始めるのが後になる)

最初の届けで手続きが済んでもまだ色々手続きがあるので、ハローワークの指示に従って滞りなく処理する

 

手続き先 : ハローワーク

手続きに必要なもの :
・離職票1(雇用保険被保険者資格喪失確認通知書)
・離職票2(雇用保険被保険者離職票)
※画像1と2を参照
・印鑑(認印)
・3×2.5の証明写真2枚
・身分証明証
・本人名義の普通預金口座通帳

 

※画像1と2
画像1(離職票1)

離職票−1

 

画像2(離職票2)

離職票−2

 

 

(失業保険給付金と給付期間参照)

(失業保険手続きと給付されるまでの流れ・注意点参照)

 

 

 

☆2、健康保険の手続き

任意継続か、国民保険でいいのか先に判断しておき、手続きする
(退職後の健康保険についての事前知識参照)

健康保険任意継続の場合

退職日から20日以内

手続き先 : 退職した会社の健康保険組合、または “協会けんぽ”

手続きに必要なもの:
“任意継続被保険者資格取得申請書” の提出(郵送でも良い

協会けんぽの”任意継続被保険者資格取得申請書”は任意継続被保険者資格取得申告書のページ(全国協会けんぽHP)よりDLできます

 

国民健康保険の場合

退職日から14日間以内
退職すると何も手続きしなくとも国民健康保険料の支払い義務が発生する
なので、任意継続にするのか、国民健康保険にするのか事前に判断しておく必要がある
そして国民健康保険は、減免申請が出来る場合があるので、(会社都合退職など)
まずは窓口に相談しに行くべき(対応できる内容が住まいの地域によって若干異なるので、ネットなどの情報だけで諦めず、まずはダメもとでも相談してみる価値はある)

手続き先 : 市区町村役場

手続きに必要なもの :
・社会保険資格喪失証明書
(健康保険の資格喪失証明書)
・雇用保険の離職票(コピーでよい)
・身分証明書
・本人名義普通預金口座通帳&登録印鑑
(カードでもよいとのこと)

 

 

☆3、年金の手続き

厚生年金は、任意継続は出来ず、退職すると自動的に国民年金に切り替わり、国民年金の支払い義務が発生する
ですが、支払うことが厳しい場合には、免除申請が出来ます
(先々給付されるであろう金額は下がるけれど、放置して滞納すると受けられたはずの手当がうけられなくなるので損です。あとで穴埋めもできますので、窓口でしっかり相談しておき、今後どのようにすべきかも考えておくべき)

手続き先:市区町村役場

手続きに必要なもの:
・年金手帳または基礎年金番号通知書
・失業したことを証明出来る書類
(離職票1、2のコピーでOK)
・印鑑(認印)
・保険料免除・猶予の申請用紙(区役所にあるので、事前準備必須ではない)

国民年金料免除を受けたいとき(日本年金機構)を参照

 

 

☆4、市民税の手続き

手続き無しで自動的に請求書が自宅に届くので、金銭的に余裕があり、支払いに無理がないのであれば手続き不要

ですが個人で支払う場合、1期2期3期4期の4回で請求書が作成され、まとまって支払わなければならないので、ヘヴィな金額になります
なので、分納手続きをした方が楽です

また、住まいの地域によっては対応出来ることが違う可能性もあるようなので
減免申請出来る場合もある)まずは窓口で相談すべき

納税相談先:各市税事務所
札幌市の場合⇒札幌市 税の窓口 参照

必要書類;
・離職票1、2(コピーでOK)

 

 

☆5、退職後の手続きまとめ&注意事項

まず、これらは手続きしないで放置したり、忘れたり、遅れたりするとどう考えても損です。自分のためと認識して出来るだけ早く、出来るだけしっかりやっておきたい

 

そして必要書類や、手続き場所などは、事前に必ず確認してから行く方がよい。(お住まいの管轄によって結構違う場合がある)

 

それから、役所などは、

担当の方によって対応がまちまちであったりする知識が微妙な方が結構いる

ということを頭に入れておいた方がよいです

それにクレームしまくっても疲れるし時間の無駄になってしまうことが多々なのが悲しいかな現状です

 

なので、

最初のとっかかりとして、

この人はテキトーな処理をすると面倒なことになるかもななるべくちゃんと対応しといた方がよさげだなという印象を与えておく

もしくは、

本当に何もわかりません、お手数かと思いますがどうぞよろしくお願いしますと、素直にお願いしますという姿勢をしっかり見せて、ちゃんと対応して頂けるようお願いしておく

 

 

つまり、どこのなんて場所の誰に相談したのかをしっかり把握しておき、

把握していることを相手にわかるようにしておく

 

相談や手続きをする前にメモ帳などを準備し、

その人の目の前で、相談&手続きの日時、をメモし、

名前をお伺いしその場でメモする

 

 

実際には後で内容の確認すると既にその窓口の人が移動になっていなかったりして

もういませんと責任逃れされることもありますが、

この名前を目の前でメモする動作は結構効き目があるので、やっておいた方がよい

 

そして更に、よくわからないことや、あれ?電話で言ってたことと違うな、とか、アレ?

っという疑問は質問しておくべきです

相談者が損をする場合でも聞かなければ教えてくれない場合も多いので、少しでも疑問や迷いがあれば、必ず質問して情報を頂けるようにしておく。

 

もちろん親身になって相談に対応してくれる方もいますが、だいたいは人ごとです

やはり相手も仕事ですし、”徴収できるものは徴収します” と当然クールです

出来うる限りちゃんと対応してもらえるようこちらから歩み寄り、工夫が必要だったりする

面倒くさいですねぃ ふう 笑

 

 

トンネルを抜けるまで面倒ですが頑張りましょうウ〜〜

 

◎口コミをチェック
10万件の企業口コミ。
キャリコネ転職サービス

◎関東エリアで20~30代なら
手厚いサポートエージェント
を味方につけたい
マイナビエージェント
手厚いサポートと言われる
転職エージェントの内容を
チェック
参照)
◎本気で転職活
ならここは外せない
大手エージェント
リクルートエージェント
本気で転職活動するために
外せない転職エージェント
参照)
◎非公開求人圧倒的、職務経歴書
・面接サポートも充実の
大手転職サイト,エージェントサービス
doda
(転職サイト・エージェントサービス大手2トップ
の1つであるパワーを
チェック
参照)
⭐︎カテゴリ別転職・転機
スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

5 × two =