女こそ手に職

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

あなたは女としてどう在りたいでしょうか?

結婚して家庭に入りたいでしょうか?

結婚しても働き続けたいでしょうか?

どう生きたいでしょうか?

 

 

 

女として生きるということは

まず、“出産”   “子育て”  は切っても切りはなせないキーワードとして付いてまわるものでありましょう

 

私、独身貴族ですから無関係ですwって思う方もいるかもしれませんが、

例えそうだどとても 女である以上、そこから切り離して生きることは不可能に近いし、もったいない

 

例え子供を生まない人だとしても、

子供がいないのであれば子供がいない女としての子供への向き合い方、関わり方、立場など、なんらかの勉強が絶対有り、そこからは逃れられないと受け入れてしまう方が潔い

働く上で、生きる上で、そこは必ず問われるところであり、一度は向き合わなければならない部分であると感じるのは私だけではないと思う

 

 

女は結婚して家庭に入り、家を守り、子を産み、子を育て、旦那が思いっきり働けるようサポートする

 

これはもう ダンゼン素晴らしく、理想であるに違いない思う

 

これで不安なく、楽しく明るく仲睦まじく生きていけるならサイコーなのかもしれない

世の中にはそういった方も多く存在するのかもしれない

 

そして役割分担していった方が効率いいですしね………….

 

でも、現実的には……

少なくとも私の周りには結婚して家庭に入れて幸せ!って言っている人は1人もいないってほどみんな

苦労している…………というか旦那に泣かされている………………….

何故か…………

 

それには複雑なそれぞれの事情、環境が原因でそうならざるを得ない状況でそうなってしまっている人も多い

でも、一つの共通点が見え隠れする

 

それは  “生活費は旦那しかとってこれない”

もしくは ”旦那の収入がなければ生きていけない”

などによる、“絶対的上下関係が出来てしまう夫婦関係である”

 

ということ……..

 

 

これじゃブラック企業パワハラ上司との関係みたいになりかねない

 

 

それでも、男がある程度自立した精神の持ち主相手を尊重出来る相手の身になって考えられる人間

であれば問題ないのかもしれない

でも当然、そんな天使みたいな男はほとんど存在しないでしょう(でも結構存在したりする笑…)

 

だいたいが自立出来ず、依存していて甘えたくてしてほしくて従わせたい生き物でしょう笑

それがどうのこうのっていう意味ではなく、そうゆう生き物なんだからしょうがないよねと諦めてしまう方が女側としては楽だよねってことなんですが 笑

 

でも、

実際のところ、そういった生活が続いて子育てしてるとそうも言ってられなくなるんだと想う

そして女はキーキー度を増し、男は益々目を背け、益々自分の事しか考えられなくなるという苦しいサイクルになってしまうようです

 

そこから抜け出すには、

“依存を捨てること”  が重要なポイントに感じる

 

収入の面で男に頼らざるを得ない状況であることによって悪循環が止まらないように見える方たちが私の周りにはとても多い

男はオレが働いてやってるんだから!って子育て無視どころか自分で出来る身の回りのことや自分個人の用事ですらやってもらって当然ってスタンスで

逆に ”してもらえないことにキレる”  “かまってもらえないことにキレる” 一番厄介で手がかかる大きな子供状態が出来上がっている

 

これは殿方に問題があるように感じますし、問題があると思うが、やっぱりフルで働くのも大変です
女は働いた経験もきっとあるでしょうからフルで働き、家族が生活していけるだけの収入を維持することの大変さもきっとわかりますよね,….

 

じゃ ある程度協力してもらいながら、助け合いながらやっていけるためにはどうなんでしょう?

 

 

それの一つのわかりやすい方法というかポイントは

“女も収入源がある”  ということだと想う

 

それは

女1人でも子を育てて生きていける可能性を持っておけることで心にややゆとりを持ち、服従関係、主従関係を断つことを恐れず、精神を自立させることが出来るということです

こっちが精神的にも生活面的にも自立心を持てるようになれば相手も変わります

 

ただ、出産 という神仕事を成すには、現役OLではいられず、“ブランク” というなかなかくだらないけれどヘヴィなシールを貼られてしまう

 

そこで私は “女こそ手に職”  “女こそ仕事” と想ってしまうのです

 

 

助けあって生きていくには相手を尊重出来る上下関係のないフラットな想像力・思いやりが必要だと想う

それって依存しない精神の自立が鍵になってくると感じる

 

『◎◯してくれない』じゃなくて

『〇〇してあげられる、こうしてあげたい、支えたい』という発想になれたら女は最強だ

 

 

女こそ結婚までに手に職を身につけて復活出来るキャリアを磨けるだけ磨いておくべきだと

痛感している

子を守れる力を養うこと 自分自身を守れる力を自分自身で持つこと

離すことが出来ること

 

相手に期待せずしてあげられる余裕を持ってみたいものです

 

具体的に “手に職” ってなんでしょうか?

というと無数にあるけど、これからを思うと、やはりプログラミング関係、Web系の技術でしょう

今はオンラインマンツーマンで学べるので本当に便利

とにかく少しでも知識があったら必ず役にたつ

もし興味があり、好きなことにつながるのであればタイミングを見てこう言った自分への養分をしっかり吸収しておけたら強い
TechAcademy [テックアカデミー]

 

以上

女としての理想論でしたw

ではよい自立ライフをば!

 

◎口コミをチェック
10万件の企業口コミ。
キャリコネ転職サービス

◎関東エリアで20~30代なら
手厚いサポートエージェント
を味方につけたい
マイナビエージェント
手厚いサポートと言われる
転職エージェントの内容を
チェック
参照)
◎本気で転職活
ならここは外せない
大手エージェント
リクルートエージェント
本気で転職活動するために
外せない転職エージェント
参照)
◎非公開求人圧倒的、職務経歴書
・面接サポートも充実の
大手転職サイト,エージェントサービス
doda
(転職サイト・エージェントサービス大手2トップ
の1つであるパワーを
チェック
参照)
⭐︎カテゴリ別転職・転機

 

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

two × three =