転職サポート活用の際は切り口を意識する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

転職エージェント・転職サイトを活用する際、もちろん複数選択せざるを得ません

それを闇雲に行き当たりばったり、”カン”  で選びまましょうう!!!

いや、それも有りだと思いますyo 笑

んが、効率的に多角的に切り口を意識して網羅してくのが楽ですよね………

 

 

 

 

〜項目〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

☆1、転職サイト・転職エージェント

☆2、自分の適正・年齢を意識する

☆3、アルバイト・パート・派遣

☆4、対応エリアも意識する

☆5、人脈・ツテ・コネも意識する

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

 

 

“年齢・エリア・職種・コネを意識する”

 

 

☆1、転職サイト・転職エージェント

転職サポートは色々ありますが、

まず、転職サイト転職エージェント両方別パイプとして活用するのが一般的だと想う

それぞれ独自のコネクションがあって活用の仕方、進めかたも大きく違う

つまりこの2つの切り口で展開していくやり方をおさえておいた方がよい

で、その際、その違いくらいはわかって活用したい

基本的には

転職サイトでは自分で情報をチェックして自分のペースで自分の気が向いたときに気軽に活用できる

転職エージェントはプロのアドバイザーと面談し、スキル、強みやキャリア、日程など具体的に整理しながら登録者にあったアドバイスやサポートをしてもらえ、非公開求人も多数あり、集中的に本腰をいれて活用できる

詳しくは下記のページを参照⬇

転職サイトと転職エージェントの違いを知って活用する参照)

 

この二つのパイプを軸に色々な角度、切り口を広げて活動していきたい

 

 

 

☆2、自分の適正・年齢を意識する

そして年齢にあったサポートを選び、自分の適正を生かせるやり口から攻めていけるようにしたい

例えば40代の方が若手を押しているサポートを活用しようとしてもまず成功しない

ある程度キャリアを持った大人を押してくれるサポートを受けて年齢対策出来る方が断然いい

つまり、年齢にあった転職エージェント、転職サイトを知るべき

 

さらに、自分の目的の職種(自分に適している仕事、向いている仕事、やりたい仕事)それらに特化したサポートもチェッックしときたい

例えばデザイナーであればそれに特化したサポ、介護職であればそれに特化したサポ、ITならITに、など、より明確に的を絞ったサポートをチェックしてみると穴場があったりする

 

 

 

☆3、アルバイト・パート・派遣

で、更に、正社員の転職、中途採用ばかりに目を向けてるだけではもったいない

アルバイト、パート、派遣からの流れからも色々な可能性が広がっている

最初はパートさんからで、その経験を積んでから正社員へというスタンスな企業も沢山あるし、

逆に正社員にはあえてならずに複数の収入源をつくり、リスクとチャンネルの分散でバランスよく働くスタイルも近年では増加中

なので、正社員狙いだどしても、幅広くアルバイト・パート・派遣の求人にも目を向けておきたい

以外なことが仕事として成立してたり、こんな仕事もあったんだなど、正社員の求人にはない裏道的な求人もあって個人的には発想の転換や、気付きがあって可能性を広げていくには必要だなと思う

 

 

 

☆4、対応エリアも意識する

そして求人エリア地域独自の情報にも目を向けるべきだ

自分の住まいの地域に特化した転職情報サポートを得ることは必須と言えましょう

その場合では、関東エリアに重点をおいているエージェントが多い

なので関東の方は特にそのあたり意識して選択したい

 

例えば北海道エリアでももちろん特化したサービスはあるのですが、関東よりは少ない

つまり関東エリアの方はそれだけで選択肢の幅がひろがっている

それは可能性が広がっているというプラス面が大きいけれど、迷いも生じやすいし、活用したいサービスがあり過ぎ・情報がありあすぎて混乱してくる可能性ももちろん広がる

なので、最初にめぼしいサービスをチェックしておく必要もある

 

関東エリアで20代〜30代女の転職にはそこにも大きな焦点をおいてる
マイナビエージェント のサービスはそこに接点がある方はまず活用しておきたい

焦点を絞っているのでまだ登録者の絶対数がパンパンではない

なのでより手厚いサポートが可能とのこと

やり方、成功率を上げる要領を得てるなぁと感じる

関東エリアに強い転職サポート 参照)

 

 

 

☆5、人脈・ツテ・コネも意識する

で、ここも肝心ですが、やはり人脈・ツテ・コネの力は強い

そんなのないって言う方もいるとおもうけれど、

そんなのモリモリある人の方が謎ですよw

人脈・ツテ・コネは種を蒔きまきくっておくことが必要です

 

退職する際、関わりのあった方々へのご挨拶は丁寧にしっかり後腐れなくしておきたい

感謝の心をもってきっちり不義理しないよう心がけるのは最低限の常識です

その上で軽く爽やかに、やれる事、やりたい事、やろうとしている事をアピール出来ればしておくのがいい

 

もっと言えば交友関係にもアピールしておくのは良いと想う

やれる事、やりたい事、やろうとしている事を話した上で、

『何か良い話しがあったら教えてね♥』

と言っておくだけで可能性はぐっとひろがります

何も言わなければ可能性はほぼゼロです

 

どこにどんなチャンスが転がっているかはわかりません

どんなにそこら中にチャンスが転がっていても気付けなければ、スルーしてしまえば巡り会う可能性はなくなってしまう

 

チャンスをキャッチ出来るアンテナは張り巡らせて感度を高めておきたい

そのためにも転職サービス活用の切り口は意識してわけて活用していくのがわかりやすい

 

◎口コミをチェック
10万件の企業口コミ。
キャリコネ転職サービス

◎関東エリアで20~30代なら
手厚いサポートエージェント
を味方につけたい
マイナビエージェント
手厚いサポートと言われる
転職エージェントの内容を
チェック
参照)
◎本気で転職活
ならここは外せない
大手エージェント
リクルートエージェント
本気で転職活動するために
外せない転職エージェント
参照)
◎非公開求人圧倒的、職務経歴書
・面接サポートも充実の
大手転職サイト,エージェントサービス
doda
(転職サイト・エージェントサービス大手2トップ
の1つであるパワーを
チェック
参照)
⭐︎カテゴリ別転職・転機

 

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

10 + 17 =