手を抜くセンスは効率化のセンス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

時間には限りがある。一生のうち出来ることは限られているのかもしれない

それだのに あぁ それだのに、私たち人間は沢山沢山働かなければ生きていけなかったりしますよね…..

 

 

私は社畜時代、1人ではこなしきれない仕事量を力技でやっつけなければならなかった時があったのですが………

そんな時、常に考えていたのは、“今しなくてもいいことはどれ?”ってこと

 

まあ、その時期はどんなに効率よくやっても言われたことを拘束時間内にハケてくのは完全に不可能ではあったんですがね…

そして、

それまでに色々なパートや派遣でも働いていたのですが、ほとんどの仕事は人件費削減のため、1人で2人~3人分くらい働くのが当たり前な仕事ばかりだった(パートや派遣で時給がいいのしか狙ってなかったので当然ですがねw)

 

そんな中だったので仕事が早くデキル人を観察せざる得なかったんですが、

み〜〜んな、み〜〜んな全力で

 

“手を抜く事”  “どうしたら楽出来るか” をわりと本気で考えてる人ばかりだっった

そして時間配分時間感覚を意識することが自然と身に付いている人ばかりだった

これがとっても重要

 

 

一生懸命な人はわりと盲目的に全部頑張ろうとしてしまい自滅しているパタンが多い..

私なんかも比較的この人種 笑

 

良い仕事も何も、ハケられなかったら意味はない

 

===============
今すぐはどれか

今じゃないのはどれか

納期はいつか

その仕事は何時間くらいか

何日くらいの仕事なのか

妥協点はどこか

外せないポイントは何か
===============

 

つまりしなくていい事や部分は何かをハッキリ意識していけること

これは1日の始めや、プロジェクトの始めに意識出来るかどうかで、膨大にかかる時間は変わってくる

逆に良い仕事とは何か?なんて考える”スキ” なんてないのです それが現実です

 

 

ただ、いい加減にやっつければいいってもんじゃもちろんない。ゼンゼンない

手を抜き、楽をして仕事をこなすにはかなり上級な意識とセンスが必要だったりする

それって要領の悪さを経験したり失敗したりしながら磨いていくものとすら想う

 

 

どうしたら出来るのか

それを真剣にラフに考えてみる事

================================
手を抜くセンスを磨く(どうしたら楽しく楽できるのかを本気で考える)=仕事効率化
============================

が公式でしょう……

 

裏技や必殺技、隠しアイテムはないのか?

 

それらを意識してるのかしてないのかによって効率・結果・成果はかなり違ってくる…

 

仕事効率化での注意点

女は働く上で妥協点・K点を決めておくと楽)なども参照下さい

 

(´-`)b.。oO((では ぐっじょぶ

 

◎口コミをチェック
10万件の企業口コミ。
キャリコネ転職サービス

◎関東エリアで20~30代なら
手厚いサポートエージェント
を味方につけたい
マイナビエージェント
手厚いサポートと言われる
転職エージェントの内容を
チェック
参照)
◎本気で転職活
ならここは外せない
大手エージェント
リクルートエージェント
本気で転職活動するために
外せない転職エージェント
参照)
◎非公開求人圧倒的、職務経歴書
・面接サポートも充実の
大手転職サイト,エージェントサービス
doda
(転職サイト・エージェントサービス大手2トップ
の1つであるパワーを
チェック
参照)
⭐︎カテゴリ別転職・転機

 

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

1 + 14 =